2018年 11月 20日 (火)

糖尿病が初めて1000万人を超える 予備軍入れると成人の5人に1人

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   糖尿病が強く疑われる成人が推計で1000万人に上ることが、厚生労働省が2017年9月21日に発表した「2016年の国民健康・栄養調査」でわかった。調査を始めた1997年の690万人から増え続け、初めて大台に達した。

   一方、「糖尿病の可能性を否定できない者」(糖尿病予備軍)も推計で1000万人おり、合わせて2000万人に。成人の5人に1人が糖尿病とその予備軍ということになる。厚労省は高齢化が進んだことが影響したとみている。

  • 糖尿病予防には生活習慣の改善を
    糖尿病予防には生活習慣の改善を

40代男性で治療を受けている人は半数だけ

   厚労省の発表資料によると、調査は2016年10~11月、全国から抽出した約2万4000世帯を対象に行なわれた。そのうち成人の男女約1万1000人の血液検査の結果を20歳以上の全人口にあてはめて推計した。その結果、「糖尿病が強く疑われる者」(有病者)は12年の前回調査より50万人増えて1000万人に。男性の16.3%、女性の9.3%を占め、男女とも高齢になるほど割合が高くなった。

   治療を受けている人の割合は、前回より11.4ポイント増えて76.6%に。しかし、40歳代男性では治療を受けている人の割合が51.5%と、他の年代が70~80%台なのに比べ、突出して低かった。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中