2019年 11月 21日 (木)

女優グウィネス・パルトローの珍妙「健康製品」 「セレブの笑い話」では済まない事情

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   『恋に落ちたシェイクスピア』や『セブン』、『アイアンマン』シリーズなどに出演しているハリウッド女優グウィネス・パルトロー(44)が、自身の主宰のするブランド「goop」のオンラインストアで奇妙な商品を販売し、海外メディアやネットユーザーたちの間で話題となっている。

   きっかけになったのは、2017年9月18日に米国人医師ジェン・グンターさんが自身のブログで、goopが販売している「PSYCHIC VAMPIRE REPELLENT」という商品を取り上げ、批判したことだ。

  • 単なるアロマオイルのスプレーなのでは(画像は「goop」の当該商品ページより)
    単なるアロマオイルのスプレーなのでは(画像は「goop」の当該商品ページより)

曖昧な効果説明なのに商品は「健康」うたっている

   ボトルに入ったアロマオイルのようなこの商品。次のような説明が記載され、30ドル(約3500円)で販売されている。

「このエリクサー(霊薬、万能薬)には宝石の癒しのパワーと深い芳香性の治療用オイルの組み合わせが含まれ、悪い感情を追い払います」

   内容物を見るとローズウォーターや岩塩、ラベンダー、ジャスミンといったアロマオイルで見かける成分のほかに、「超音速で調合した宝石の癒し」や「霊気を込めたクリスタル」「月明かり」「愛」といった意味不明な記述も並んでいる。製造しているのは「Paper Crane Apothecary」というメーカーで、似たような製品を20種類ほど生産しているようだ。

   米国では「連邦食品・医薬品・化粧品法」に基づき、食品医薬品局(FDA)が効果効能をうたう商品をチェック、規制する仕組みになっている。しかし、グンターさんは記事の中で、

「曖昧な効果説明に終始しながら商品は『Wellness(健康)』にカテゴライズされている。一方で免責事項としてFDAの承認は取っておらず(医薬品などではないとし)、使用前に医師に相談するよう記載し、巧妙に規制から逃れている」

と指摘。商品にストレス解消や心的な障害の治療効果があると誤解される可能性があることを、goopも把握しているはずだと非難している。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中