2018年 7月 22日 (日)

大相撲秋場所、日馬富士が最少勝利数で優勝

印刷

   3横綱、2大関が欠場するという前代未聞の異常事態となった大相撲秋場所(両国国技館)で、2017年9月24日、横綱・日馬富士が優勝決定戦で大関・豪栄道を制し、7場所ぶり9回目の優勝を決めた。1場所15日制になって以降、11勝4敗での優勝は1972年の初場所、1998年の九州場所と同じく最少勝利数での優勝になる。

   今場所は横綱が日馬富士ひとりのみ。豪栄道を1勝差で追いかける形だった本割で豪栄道を破って追いつき、優勝決定戦でも寄り切りで勝利を収めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中