福田内閣府副大臣が自民離党で「小池新党」へ 民進・松原議員も合流を表明

印刷

   福田峰之・内閣府副大臣は、2017年9月24日、自民党を離れて若狭勝衆院議員が主導する「小池新党」への合流を表明した。

   新党には、「日本の心を大切にする党」代表の中山恭子参院議員とその夫の中山成彬元文部科学大臣も合流を表明しているが、自民党所属議員から、それも現職副大臣の合流は初めて。

   また、25日には、国家公安委員長を務めた民進党の松原仁衆議院議員が離党届を提出し、新党に合流する意向を示した。新党への合流者は今後更に増える可能性もある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中