民進・前原代表の「次の選挙」 乱れ飛ぶ報道、否定する「議員」ツイート

印刷

   民進党の前原誠司代表が、今回の衆院選でどういう形で立候補するのか、をめぐり情報が錯綜した。「無所属で出馬」するとの報道が飛び出したが、党所属議員が「完全な誤報」とツイッターで否定する一幕も。

   民進党は2017年9月28日の両院議員総会で、衆院選で公認候補を擁立しないことを決定。希望者は「希望の党」に公認申請することになった。前原氏本人は直後の会見で、「希望の党」から出るか、無所属で出るかを問われ、「まだ決めていない」と述べるにとどめた。

  • 民進党の前原誠司代表
    民進党の前原誠司代表

「前原代表本人に確認しました」

   衆議院は2017年9月28日午後の本会議で解散。総選挙は10月10日公示-22日投開票の日程になる見通しだ。

   民進党常任幹事会は28日午後、総選挙の対応に関して「民進党の立候補予定者は『希望の党』に公認を申請することとし、『希望の党』との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する」「民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、『希望の党』を全力で支援する」など3項目を提案。両院議員総会で了承された。党として、小池百合子・東京都知事が代表の「希望の党」と連携を図る。

   しかし前原氏個人の立候補の仕方については、前日から情報が入り乱れた。時事通信や毎日新聞(ネット版)は27日夕から夜にかけ、前原氏は「無所属」で立候補する意向だと報道。野党第一党の代表だけに、ツイッターでは「え?どうしたいの?」「どう言う意味?」「党首が無所属で出馬って、前代未聞」といった反応が相次いだ。

   これに対して、解散まで衆院議員だった民進党の泉健太氏は27日22時30分すぎ、ツイッターで「『前原代表、無所属で出馬』は完全な誤報です。今、前原代表本人に確認しました」と断言した。その上で「皆様、どうか惑わされぬよう」と呼びかけた。

本人「まだ決めていない」

   前原氏の「無所属立候補」説は、27日夕にNHKウェブ版でも報じられた。それによると、民進党の赤松広隆氏のグループが同日開いた会合に、枝野幸男・代表代行が出席。「枝野氏は、衆議院選挙への対応について、前原代表から説明を受けたとしたうえで、民進党の候補者に党の公認は出さず、党籍を残したまま『希望の党』の公認候補とすることや前原代表は無所属で立候補することなどが報告された」としている。

   この報道について枝野氏は27日深夜、ツイッターで一般ユーザーから指摘を受け、「私の発言が(しかも記者に話したものでありません。)不正確な引用をされています。記事になるプロセスでの伝聞の重なりではないでしょうか?」とリプライ(返信)。何らかの齟齬があることを示唆した。

   なおNHKだけでなく産経新聞も28日朝、「枝野幸男代表代行は27日、赤松広隆前衆院副議長グループが開いた会合で『前原氏は無所属で出馬する』との見通しを示した」と報道している。

   こうした状況の中、前原氏は28日の両院議員総会後の会見で、自身について発言。総選挙に希望の党から出るか、無所属で出るかを問われ、「まだ決めていない」と述べるにとどめた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中