2018年 8月 22日 (水)

「にゃんこスター」準Vで「にゃんごすたー」再び脚光! 超絶「ドラテク」ゆるキャラに再注目

印刷

   結成5か月のお笑いコンビ「にゃんこスター」がコント日本一を決める「キングオブコント2017」(TBS系、以下KOC)で準優勝した。これをきっかけに、青森県黒石市のマスコットキャラクター「にゃんごすたー」が「にゃんこスターは知らないけどにゃんごすたーなら知ってる」とネットで再び脚光を浴びている。

   「にゃんごすたー」の華麗なドラムテクニックが話題になったのは、約1年前。ロックバンド「X JAPAN」の代表曲「紅」を演奏する動画がネットで拡散し、「青森のYOSHIKIだな」と絶賛の声が上がったのだった。

  • キングオブコント準優勝の「にゃんこスター」(画像は、スーパー3助さんのツイッターから)
    キングオブコント準優勝の「にゃんこスター」(画像は、スーパー3助さんのツイッターから)
  • こちらは、「にゃんごすたー」(画像は、公式YouTube動画のスクリーンショット)
    こちらは、「にゃんごすたー」(画像は、公式YouTube動画のスクリーンショット)

エハラマサヒロ「血ぃ吐くぐらい笑った」

   「にゃんこスター」は、2017年5月に結成したスーパー3助さん(34)とアンゴラ村長さん(23)の男女コンビだ。男女コンビの決勝進出は、KOC史上で初めてだった。

   大塚愛の代表曲「さくらんぼ」に合わせ、縄跳びを飛んだり跳ねたりする――。決勝のファーストステージ(1本目)でこうした斬新なネタを披露し、審査員の心をわしづかみにすると、ファイナルステージ(2本目)に首位で進出した。1、2本目の合計点でお笑いコンビ「かまいたち」に敗れたが、初の大舞台で視聴者に鮮烈な印象を残した。

   にゃんこスターが1本目のネタを終えると、瞬く間に「にゃんこスター」はツイッターのトレンド欄で上位に浮上した。「にゃんこスター面白すぎる!」「コントの概念、コントの歴史を変えやがった!」など称賛する声が上がった。

「あらびき団の特番してください!そして、にゃんこスターを呼んでください!」(東野幸治さん)
「にゃんこスターで血ぃ吐くぐらい笑ってしまった。すご」(エハラマサヒロさん)
「はぁー、にゃんこスター面白かった」(「ハライチ」岩井勇気さん)

とお笑い芸人たちにも衝撃を与えた。

   一方、にゃんこスターがネットで話題になるにつれて、青森県黒石市のマスコットキャラクター「にゃんごすたー」も脚光を浴びることとなった。

「にゃんこすたーってなんぞや、にゃんごすたーじゃないんかって思ったらにゃんこすたーだった」
「にゃんこすたーとにゃんごすたーは別物なのね?」
「自分的には『にゃんこスター』より『にゃんごすたー』派」

「にゃんこスターとにゃんごすたーで全国まわろう」

   「にゃんごすたー」は2016年10月、野外音楽イベントでロックバンド「X JAPAN」の代表曲「紅」のドラム演奏を披露し、ネットで「青森のYOSHIKIだな」と知名度を高めた。スティックを縦横無尽に動かし、ドラムセットを叩きまくるテクニックと、愛くるしい見た目との「ギャップ」に、ネットユーザーたちは

「全然ゆるくない ドラムの演奏レベルすごすぎる!!」
「着ぐるみでこれだけ叩けるとかどう考えてもプロ」

と、魅了されていた。

   にゃんごすたー「本人」は当時、J-CASTニュースの取材に

「びっくりなんですけど、マジで嬉しいッス」

とコメント。「腕が短くてシンバルに届かないこともあって大変です。あと、夏場は本当に地獄ッス」「(名前の由来は)もちろん、ビートルズのリンゴ・スターからとっています」などと話していた。

   にゃんごすたーは10月2日現在、SNSでにゃんこスターの活躍ぶりに何もコメントしていない。ただ、ツイッターでは

「にゃんこスターって誤字かと思ってたよ...私はにゃんごすたーが好きだよ...ドラムカッコイイよね...青森においでよ...」
「にゃんこスターとにゃんごすたーを間違えて青森においでよ」
「にゃんこスターとにゃんごすたーで全国まわろう」

といった声が上がっており、夢の「共演」を待ち望むファンもいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中