2021年 2月 25日 (木)

「差別がないと会話はつまらない」 坂上忍のトンデモ持論にネット「ドン引き」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   差別や偏見、決めつけがなければ「基本的に会話はつまらない」――。俳優の坂上忍さん(50)がバラエティ番組で展開したこんな持論が、インターネット上で物議を醸している。

   問題の発言が飛び出したのは、2017年9月30日放送の「おしゃべりオジサンと怒れる女」(テレビ東京系、毎週土曜23時55分~)だ。

  • 坂上忍さんの持論がネットで物議(2016年6月撮影)
    坂上忍さんの持論がネットで物議(2016年6月撮影)
  • 坂上忍さんの持論がネットで物議(2016年6月撮影)

トークテーマは「やたらと主語がデカい奴」

   この番組は、坂上さんとフリーアナウンサーの古舘伊知郎さん(62)、お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアさん(43)がMCを務めるトークバラエティ。毎回違った女性ゲストを招き、彼女らの「怒り」を3人が聞き出す......といった趣向だ。

   30日の放送では、元セクシー女優で漫画家の峰なゆかさん(33)がゲストとして出演し、怒りの対象として「やたらと主語がデカい奴」を挙げた。

   峰さんによれば、これは「男は浮気をする生き物だから」「男は性欲が我慢できない」など、主語を大きくして自らの行為を正当化しようとする男性に向けた怒り。峰さんは番組で、

「性欲が我慢できる普通の男の人に失礼な話だし、1人称は『俺』に絞って欲しい」

と訴えていた。

   こうした話題の中で、京都出身のジュニアさんは「関西人は~」という主語が使われるケースも多いと指摘。これに東京出身の坂上さんは、「僕、口に出さないけど心では思っているよ」として、次のような持論を展開した。

   まず、坂上さんは関西弁で話すアスリートについて「タフでハングリー精神がある」と好意的に見ることが多いという。一方で、「本当に品がない人」を見た際には、

「どうせこの人関西人じゃないかな」

と思ってしまうそうだ。

   この発言を受けたジュニアさんが「(関西人に)謝れ!」とツッコミを入れると、スタジオからは大きな笑いが漏れた。その後、坂上さんはおどけた調子で「すみません」と頭を下げたが、古舘さんは「それは謝ってない」とこぼしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中