2018年 6月 21日 (木)

サッカー・ハイチ戦、ぐだぐだなのに「最高」 副音声の視聴組が大喜びのワケ

印刷

   サッカー日本代表(FIFAランク40位)は2017年10月10日、日産スタジアム(横浜市)で行われた国際親善試合で、ハイチ代表(同48位)に3対3で引き分けた。2点先制したものの、逆転を許してしまう場面もあり、試合内容にはガッカリする声もあがっている。

   そんななか、試合内容とは裏腹に、副音声には「最高すぎる」と歓声があがっていた。

  • 副音声を担当した竹内涼真さん(画像はTBSテレビサッカーのフェイスブックより)
    副音声を担当した竹内涼真さん(画像はTBSテレビサッカーのフェイスブックより)

「竹内涼真の声聞くためだけにサッカー見る」

   試合はTBS系列で生中継され、スペシャルゲストとして若手人気俳優の竹内涼真さん(24)が登場した。MCの加藤浩次さん、解説の元サッカー選手・鈴木啓太さんとともに副音声を務めるとあり、「竹内涼真の声聞くためだけにサッカー見る」というファンも現れた。

   竹内さんは高校時代、東京ヴェルディユースに所属してプロを目指していたといい、

「サッカーに関する仕事が1番緊張する。(お芝居より)全然緊張します。やっぱり自分の中で叶わなかったことなので、なんか別格ですよね」

と喜びと緊張をにじませた。

   そんな竹内さんが注目選手として挙げたのは、この日先発出場していたMF小林祐希選手。ユース時代の1つ上の先輩で、「絶対的存在、神様」だと明かした。小林選手からは「タケ」と呼ばれていたという。

「(当時から)上手かったですね。ボールのスピードだったり、球離れするタイミングだったり、ユースの時からピカイチでした。プレーに対しての要求が高かったので、ちょっとずれると怒られましたし、練習してるときは緊張しました」

   試合については、選手層の厚い中盤選手のポジション争いが気になるといい、

「自分で仕掛けて行ったり、フリーキックだったり、ミドルレンジシュートっていうのはどんどん見せてほしい」
「中盤の選手のテンポだったり、パスの動かし方を注目しておきたい」

と期待を寄せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中