「恋するペンギン」グレープ君、死の直前まで... 担当者が明かす「最後の瞬間」

印刷

   「グレープ君が昨日、亡くなりました」。東武動物公園(埼玉県)が飼育していたフンボルトペンギンの「グレープ」君について、園の公式ツイッターが伝えた。21歳だった。死因は調査中。

   グレープ君は、人気アニメ「けものフレンズ」に登場するフルルというキャラクターのパネルに「夢中に見える」として人気を集めてきた。インターネット上には、「楽しい思い出をありがとう」などと死を悼む声が広がっている。

  • フルルのパネルをじっと見つめる姿で話題を集めた(東武動物公園提供)
    フルルのパネルをじっと見つめる姿で話題を集めた(東武動物公園提供)
  • グレープ君のために、「フルル」のパネルはコラボ終了後も設置が継続された(東武動物公園ツイッターより)
    グレープ君のために、「フルル」のパネルはコラボ終了後も設置が継続された(東武動物公園ツイッターより)

「天国でゆっくり休んでね」

   東武動物公園は2017年10月13日朝、園の公式ツイッターで「グレープ君が昨日、亡くなりました」と報告。あわせて、フルルのパネルに寄り添うように立つグレープ君の写真を掲載し、

「これまで応援してくれた皆様本当にありがとうございました。また、グレープ君を最後まで見守ってくれたフルルもありがとう。そして、グレープ君長い間ありがとう。天国でゆっくり休んでね」

とのメッセージを投稿した。

   東武動物公園は11日から体調不良のためグレープ君の展示を中止しており、ペンギン舎の裏にある部屋で静養させていた。J-CASTニュースの13日昼の取材に応じた園の広報担当者は、

「(展示中止の)前日まではエサもよく食べていて、特段変わった様子はなかったのですが、その後急激に体調が悪くなり、12日の14時30分頃にそのまま息を引き取りました」

と話した。死因は調査中だが、「2週間後には検査の結果が出ると思います」とした。

   園側はグレープ君が静養のために移動した際、フルルのパネルも彼のすぐ近くに移動させていた。そのため担当者によれば、

「最後の瞬間まで、フルルはグレープ君を見守っていました」

という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中