因縁フリー記者「排除」した小池さん あの質問、やっぱり恨んでる?

印刷

   東京都の小池百合子知事(希望の党代表)が衆院選の反省を述べたはずの記者会見(ぶらさがり取材)の場で、記者の質問を「無視」する場面があった。小池氏は衆院選の公示前、この記者の挑発に近い質問に答える形で民進党のリベラル派を「排除いたします」と発言。希望が急速に失速するきっかけになった。

   こういった背景からか小池氏は、質問を終始無視し続けた。「情報公開」を訴え続けた選挙中の主張との整合性が問われそうだ。

  • ぶら下がり取材に応じる東京都の小池百合子知事(希望の党代表)。「排除します」発言のきっかけになった質問をしたフリー記者の質問を「排除」した
    ぶら下がり取材に応じる東京都の小池百合子知事(希望の党代表)。「排除します」発言のきっかけになった質問をしたフリー記者の質問を「排除」した

質問さえぎって「はい、次の質問どうぞ」

   小池氏から質問を無視されたのは、フリーランスの横田一(はじめ)記者。民進党や東京都知事の会見で、安倍政権に批判的な立場から質問することが多い。

   2017年10月25日の希望の党の両院議員懇談会後に小池氏は約7分半にわたって取材に応じた。「異変」が起こったのは、今後の見通しについて

「いかにして希望の党として新しい出発、今後の勢いをつけていくか。その責任は大きいと思いました」

と述べた直後だ。横田氏が

「結果責任を取らない理由は何ですか。排除発言を撤回していれば、こんな事態は招かなかった。前原さんとの...」

と質問を始めたが、途中で小池氏が

「はい、次の質問どうぞ」

とさえぎり、別の質問を受けたのだ。その後も横田氏は

「(記者を)排除するんですか、選別するんですか」
「反省してないんですか、排除発言を」

と声をあげたが、小池氏は答えることなく会見場を後にした。

   この伏線だとみられるのが衆院解散翌日の9月29日に行われた都知事会見だ。基本的に毎週金曜日に行われる都知事定例会見では、前半の「1部」で都政に関する質問を受けつけ、後半の「2部」で、それ以外の質問を受けることになっている。この日の会見の「1部」で、横田氏が民進党出身者の希望への受け入れをめぐって

「(前原氏と小池氏で)言ってることが違うと思うんですが、前原代表を騙したんでしょうか。それとも共謀して、そういうことを言ったんでしょうか」

と質問。小池氏が

「そのご質問は、この後、ちょっと場所を転換して、お答えをさせていただいた方が良いのではないか」
「独特の言語を使っておられる」

と不快感をにじませながら仕切りなおした。

「前原代表を騙したんでしょうか。共謀してリベラル派大量虐殺、公認拒否と...」

   「2部」で改めて小池氏に指名された横田氏は1部と同様の質問を繰り返しながら、

「前原代表を騙したんでしょうか。共謀してリベラル派大量虐殺、公認拒否と言われてるんですが...」

などと指摘。どういうわけかこの質問の時だけマイクが切れていたため、小池氏は笑顔で

「あえて音声入ってないの?」

などと突っ込みながらハイテンション気味に次のように答弁。ここで「排除いたします」発言が出た。

「わかりました!お答えいたします!前原知事(編注:代表の言い間違い)がどういう表現をされたか私は承知をいたしておりませんけれども、あの、排除されないということはございませんで、排除いたします。というか、絞らせていただくということです」

   その後、横田氏は小池氏の答弁に割って入る形で、

「ということは安倍政権を甘い言葉にしてリベラル派大量虐殺、公認排除したということになりませんか?寛容な保守であればなんでハト派からタカ派まで包み込まないんですか?公認しないんですか?そうしないと安倍政権倒せないんじゃないですか?」

と質問。小池氏はさらに質問に割って入る形で次のように皮肉交じりに話し、会見場では笑いも起こった。

「記者クラブは大変多様性に富んでいるということを、これで証明しているかと思います。とても寛容な記者クラブで有難く思っております」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中