「怒涛の昇格!怒涛の昇格!」 ヴェルディ、みすず学苑とカオスなコラボ

印刷

   サッカーJ2・東京ヴェルディとあの「みすず学苑」が、まさかのコラボレーションだ。

   「怒涛の昇格! 東京ヴェルディ!」「怒涛の昇格! 東京ヴェルディ!」――2017年10月28日、選手たちが笑顔で拳を上げ下げする、なんともシュールな映像がヴェルディ公式ツイッターから投稿された。

  • 東京ヴェルディの公式ツイッターより
    東京ヴェルディの公式ツイッターより

ヤマトタケルも登場

   「みすず学苑」は、首都圏を中心に展開する学習塾だ。宗教団体「ワールドメイト」の代表でもある半田晴久(深見東州)氏が「学苑長」を務める。「ヤマトタケル」などに扮した人物を中心に、「トマト」「フグ」「毘沙門天」といった不思議なメンバーが所狭しと集結する広告は、首都圏の電車などで見かけたことがある人も多いだろう。

   そんな「みすず学苑」と、ヴェルディにどんな関係が?

   実は2017年1月から、みすず学苑を経営するミスズ(東京・杉並区)は、半田氏がやはり代表を務める「国際スポーツ振興協会」とともに、ヴェルディのコーポレートパートナー(スポンサー)となっている。今回の「コラボ」は、その縁によるものだ。

   映像では、梶川諒太選手・渡辺皓太選手ら7選手が、「みすず学苑」のテレビCMのフレーズ「怒涛の合格! みすず学苑!」をもじった、「怒涛の昇格! 東京ヴェルディ!」を順番に、真正面からカメラを見据えながら連呼する。最後に登場する安西幸輝選手は土偶風キャラに、井上潮音選手は「縄文太郎」にそれぞれコスプレし、CMの看板キャラであるヤマトタケルと共演を果たしている。

「卑弥呼とかの謎力得られるんか?」

   ツイッターのみならず、スタジアムでも大型ビジョンで映し出されたこのコラボ映像は、2ちゃんねるでも話題に。

「草(※編注:笑いを表すスラング)」
「怒濤の昇格!!」
「卑弥呼とかの謎力得られるんか?」

   なお、90年代の「ヴェルディ川崎」時代には、日本のトップチームとして君臨したヴェルディだが、2009年以降はJ2がすっかり定位置に。しかし17年シーズンは30日時点でプレーオフ圏内の6位につけ、「怒涛の昇格」を視野に入れる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中