座間9遺体男、1年前の「悪徳」トラブル 当時知る人物「女性を金としか見ていないような...」

印刷

   神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で警視庁に逮捕された白石隆浩容疑者(27)は、東京・歌舞伎町を拠点として風俗店に女性を紹介するスカウトをしていた。

   J-CASTニュースは、白石容疑者のスカウト行為によるトラブルで、16年秋に本人と直接話をしたという風俗ライターの男性に話を聞いた。この男性は当時の印象について、「女性を金としか見ていないような雰囲気を感じました」と振り返る。

  • ツイッター上には17年1月時点でこんな投稿が(編集部で一部加工)
    ツイッター上には17年1月時点でこんな投稿が(編集部で一部加工)

「裏切りまくりの危険スカウト」との投稿

   白石容疑者は2017年2月、茨城県内の風俗店に女性を紹介したなどとして、職業安定法違反容疑などで茨城県警に逮捕されていた。すでに懲役1年2か月、執行猶予3年の判決が確定している。

   この事件を報じた茨城新聞の報道(2月7日朝刊)によれば、白石容疑者は当時、新宿・歌舞伎町にある風俗スカウト業者にアルバイトとして勤務していた。

   またツイッター上には、白石容疑者の実名・顔写真を公開しながら、彼のスカウト行為が「悪徳」だったと糾弾するアカウントが存在している。開設は17年1月。投稿で名前が挙がっている男の所属先は、当時の新聞報道とも一致しており、白石容疑者を指す可能性はかなり高そうだ。

   このアカウントでは、「裏切りまくりの危険スカウト」「色々な人を裏切ってます」などと白石容疑者への批判を連投。女性が風俗店から貰うはずの給与を裏で差し引いている、と指摘する文言もあった。なお、このアカウントでの投稿は5月16日を最後に止まっている。

   J-CASTニュースは17年11月1日、風俗スカウトとして活動していた白石容疑者と思われる男と、過去に直接会ったという風俗ライターのキッコー万太郎氏に話を聞いた。キッコー氏は、風俗店のコンサルタントとしても活動している人物だ。

   キッコー氏が男と会ったのは、スカウト行為によるトラブルのためだ。紹介を受けて風俗店で勤務していた女性が、「給与が支払われない」と同氏に相談したことがきっかけだったという。

「もしかしたら、俺も殺されていたかも」

   キッコー氏によれば、16年9~10月頃に新宿の喫茶店で直接会い、相談を受けた女性に未払い分の給料を払うよう説得したという。このときの様子について、キッコー氏は、

「当初、白石容疑者と女性を2人にしていたのですが、私が現れた途端、彼の態度は一変しました。女性には軽い調子で『ごめんね、ごめんね』と謝っていたんですが、私には逆ギレというのか、かなりふてぶてしい態度で接してきました」

と話す。このトラブルでは、女性が勤務時間などのメモを詳細に取っていたこともあり、白石容疑者はすぐに未払い分の金額を支払ったという。

   なおキッコー氏が、座間の事件との関連に気付いたのは、テレビのニュース番組で本人の顔写真が報道されたため。すぐに当時相談を受けた女性にも確認を取ったが、あの時のスカウトで間違いないとの返事が返ってきたという。

   キッコー氏が直接会ったのは1時間ほど。当時の印象について聞くと、

「風俗のスカウトやホストにはよくいるタイプですが、女性を金としか見ていないような雰囲気を感じました。当然ですが、人を殺しそうなんてイメージは全く抱きませんでしたよ」

と振り返る。ただ取材中には、「(今回の事件を知って)もしかしたら、俺も殺されていたかもしれない、とは考えましたよ」ともこぼしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中