NHKが安室奈美恵「インタビュー特番」 「ラスト紅白」実現への布石か

印刷

   2018年9月の引退を表明している歌手の安室奈美恵さん(40)が、NHKのインタビュー特番に出演することになった。コンサートでもMCなしでひたすら楽曲を披露するスタイルを貫く安室さんが、テレビのインタビューに応じるのはきわめて異例。

   これまで「紅白歌合戦には出ない」と言われてきた歌手でも、「SONGS」などで特集された後に出演を果たしたケースは複数あり、「ラスト紅白」への期待が高まりそうだ。

  • 安室奈美恵さんの紅白出場はあるのか (C)FAMOUS
    安室奈美恵さんの紅白出場はあるのか (C)FAMOUS

「母親としての自分」にも言及

   安室さんの番組出演は17年11月6日、NHKが発表した。「特集番組『安室奈美恵 告白』」と題した59分の番組で、11月23日22時から総合テレビで放送される。発表によると、収録は10月20日頃に約2時間にわたって行われた。「紅白歌合戦」や「ポップジャム」の映像を見ながら、当時の自分が何を思っていたかを明かす。「母親としての自分」にもテレビカメラの前で初めて言及。涙を流す場面もあったという。

   昨年行われたリオデジャネイロ五輪・パラリンピックのNHKのテーマソングは安室さんの「Hero」だったが、それでも16年の紅白に安室さんは出演しなかった。NHKからすれば、17年の紅白が「ラストチャンス」で、今回の番組を紅白出場への呼び水にする狙いもありそうだ。

   安室さんは1995年から2003年にかけて9年連続で紅白に出場。仮に「ラスト紅白」が実現すれば、14年ぶり10回目の出場になる。

矢沢永吉、中森明菜、宇多田ヒカル...

   これまで、夏から秋にかけて番組で特集されたことがきっかけで、紅白への初出場や久々の出場が実現したことがある。

   09年の紅白では、矢沢永吉さん(68)が「白組特別出場歌手」としてサプライズで初出場。この年の6月には「SONGS」で矢沢さんのインタビューが放送されたのに続いて、7月末~8月上旬にかけて2回にわたって矢沢さんの代表曲や最新アルバム曲を特集。矢沢さんは紅白の出演依頼を断り続けてきたことで知られており、「SONGS」が紅白に向けた地ならしの役割を果たしたとみられている。

   14年の紅白では、長く活動休止が続いていた中森明菜さん(52)が12年ぶりに出場。これに先立つ14年11月15日には「SONGS」で中森さんの特集が放送されている。紅白とSONGSを同じ人が担当していたこともあって、SONGSが好評だったことが、紅白出場を後押ししたと受け止められた。

   宇多田ヒカルさん(34)も16年9月に「SONGS」に出演。紅白にはロンドンからの中継で初出場し、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を披露した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中