2021年 5月 11日 (火)

「乃木坂46」会場で「一歩間違えば死亡事故」 公演続行の判断に「考えられない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2017年11月7日に東京ドーム(東京都文京区)で行われたアイドルグループ・乃木坂46のコンサートで、ワイヤーで会場上方に吊るされていたカメラが、公演中に客席へ落下する事故が起きた。

   各メディアの報道などによれば、落下したカメラの重さは約40キロ。観客3人が軽傷を負ったという。インターネット上では、「一歩間違えば死亡事故だ」と驚く声が続出するとともに、事故の発生後も公演を続行した主催者側の判断を問題視する意見も相次いでいる。

  • カメラ落下で背もたれが大きくゆがんだパイプ椅子。画像はケンタロウ(@jeuntekiiu)さん提供
    カメラ落下で背もたれが大きくゆがんだパイプ椅子。画像はケンタロウ(@jeuntekiiu)さん提供
  • カメラ落下で背もたれが大きくゆがんだパイプ椅子。画像はケンタロウ(@jeuntekiiu)さん提供

翌日の公演は予定通り開催

   落下事故が起きたのは、「乃木坂46 真夏の全国ツアー2017 FINAL!」と題したコンサート。グループ初の東京ドーム公演ということもあり、多くのファンが会場に詰め掛けていた。

   乃木坂46の運営側はライブ翌日の11月8日昼、公式サイト上に事故を受けての謝罪文を掲載。7日の公演中に「撮影機材が落下し、お客様が負傷する事故が発生いたしました」として、

「事故にあわれた方には、心よりお詫び申し上げます。また、日頃より、乃木坂46を応援していただいている皆様には ご心配をおかけし、誠に申し訳ございません」

と謝罪した。8日夜の東京ドーム公演は予定通り開催するが、落下事故が起きた撮影機材は使用しないという。

   各メディアの報道などによれば、カメラの重さは約40キロで、およそ6メートルの高さからアリーナ席の椅子に落下した。4本あるワイヤーのうち1本が何らかの理由で切れたことが原因だという。

   落下したカメラが観客に直撃したわけではないというが、椅子にぶつかったはずみで当たった観客もおり、10代の男性3人が軽傷を負った。この事故をめぐっては、警視庁が業務上過失致傷の疑いもあるとして、当時の状況を詳しく調べている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中