2019年 10月 18日 (金)

古市憲寿、小倉の望み通り炎上 てるみくらぶ内定者に「見る目がない」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   社会学者の古市憲寿氏(32)が、経営破綻した格安旅行会社「てるみくらぶ」の内定取り消しになった学生に対して「見る目がない」と発言し、共演者から大目玉を食らった。

   小倉智昭キャスター(70)が「ネット炎上してください」と発言した通り、ネット上で炎上する事態となっている。

  • 古市憲寿氏「見る目がない学生だった」(2016年6月撮影)
    古市憲寿氏「見る目がない学生だった」(2016年6月撮影)

「踏んだり蹴ったりで、可哀想すぎる」内定者

   2017年11月9日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)では、約2億円をだまし取った疑いで逮捕された「てるみくらぶ」社長の山田千賀子容疑者(67)の素顔について特集が組まれた。

   その後スタジオでは、被害に遭った人たちの心情を慮ったコメントが述べられた。そのなかで笠井信輔アナウンサー(54)は、

「忘れちゃいけないのが、入社5日前に内定取り消しになった50人の若者たちですよ」

と口を開いた。

「実は、大手の弁護士事務所が試験しないで採用しますよ、と名乗りを上げて話題になったんですけれど。この間、過払い金の広告で問題になって、今、業務停止中なんですよ」

と説明し、「踏んだり蹴ったりで、可哀想すぎるわけですよ」と同情した。

   ところが古市氏は、「もともと見る目がない学生だったってことだから...」と発言。スタジオは騒然とした。

「内定取るのってすごい大変なんですよ。死にもの狂いで」
「見る目がないってなにそれ」
「ごめんなさい、今ちょっと怒りが沸きました」

など共演者からも非難が相次ぎ、小倉キャスターが「古市名指しでネット炎上してください」と締めくくった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中