日馬富士、引退必至か やくみつる「今すぐ届を出すべき」、貴乃花親方は謝罪訪問に会わず

印刷

   大相撲の横綱・日馬富士(伊勢ヶ浜部屋)が、前頭8枚目・貴ノ岩(貴乃花部屋)に暴行したと報じられた。過去の暴力事件の再発防止に関わった漫画家・やくみつるさんは「横綱という立場を考えれば、今すぐ引退届を出すべき事例だと思います」と言い切った。

   貴ノ岩の師匠である貴乃花親方は警察に被害届を出しており、この日は謝罪に訪れた日馬富士らに面会しなかった。

  • 横綱・日馬富士(日本相撲協会の公式サイトから)
    横綱・日馬富士(日本相撲協会の公式サイトから)

「事実を本人が認めるところとなれば...」

   日本相撲協会やスポーツ紙などによると、日馬富士は10月26日に鳥取で行われた秋巡業終了後、モンゴル出身力士を集めた懇親会で貴ノ岩をビール瓶で殴打し負傷させた。態度が気に入らなかったとしている。貴ノ岩は負傷から10日たった後の11月5~9日に福岡市内の病院に入院、九州場所は初日から休場した。「左前頭部裂傷」「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」など4つの病名で「全治2週間程度」とされる。

   角界では07年、時津風部屋の序ノ口力士だった斉藤俊さん(四股名:時太山)が暴行を受けた末に死亡する事件が起きている。これを受けて日本相撲協会が発足した再発防止検討委員会で、やくみつるさんは外部委員を務めた。

   やくさんは14日放送「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)で日馬富士の暴行騒動について、

「暴行をはたらいた事実を本人が認めるところとなれば、責任を取る必要があると思います。横綱という立場を考えれば、今すぐ引退届を出すべき事例だと思います」

と述べた。一方で、診断書の提出が休場届と同時ではなかったなど、まだ不明な点が多いとして「そういうことも含めて明らかにしなければいけないと思います」とも述べていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中