12年ぶり紅白に「コナン効果」? 倉木麻衣さん、今年はギネス認定も

印刷

   2017年11月16日に発表された 「第68回NHK紅白歌合戦」の出場歌手で目を引く出場者のひとりが、久々の出場を果たす倉木麻衣さん(35)。

   倉木さんは03年から05年にかけて3年連続で出場したが、それ以降は紅白から遠ざかっていた。だが、17年7月にアニメ「名探偵コナン」のテーマ曲を長年にわたって担当したことがギネス世界記録に認定され、再び注目を集めた。「大事なご縁をたくさんいただいた一年」(倉木さん)を経て、実に12年ぶりの紅白復帰を果たすことになった。

  • 12年ぶりの紅白歌合戦出場を決めた倉木麻衣さん(2017年3月撮影)
    12年ぶりの紅白歌合戦出場を決めた倉木麻衣さん(2017年3月撮影)
  • 倉木さんは2017年を「大事なご縁をたくさんいただいた一年」だったと振り返った(所属レコード会社提供)
    倉木さんは2017年を「大事なご縁をたくさんいただいた一年」だったと振り返った(所属レコード会社提供)

「コナン」シリーズ21作目でギネス記録樹立

   倉木さんは所属レコード会社を通じてコメントを発表し、12年ぶりの紅白出場を

「久しぶりの紅白歌合戦への出場のお話しをいただき、本当に驚いていると同時にとても光栄に思っています」

と喜んだ。とりわけ倉木さんにとって大きかったとみられるのが、ギネス記録の認定だ。倉木さんが認定されたのは、「同じアーティストにより歌われたアニメシリーズのテーマソング最多数」(Most theme songs sung by the same artist for an animation series)。倉木さんは00年の「Secret of my heart」を皮切りに、17年間にわたってアニメ「名探偵コナン」のテレビシリーズ、劇場版に楽曲を提供。17年4月公開の劇場版アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の主題歌「渡月橋~君 想ふ~」で21作目になり、記録を樹立した。映画の興行収入は68億7000万円(興行通信社調べ)を記録し、シリーズ最高を更新した。

「大事なご縁をたくさんいただいた一年」

   渡月橋は京都市内にある観光名所のひとつで、倉木さんにとって地名を楽曲のタイトルに入れるのは初めて。倉木さんが立命館宇治高校と立命館大学出身で京都に縁が深いこともあって、17年9月には「京都観光おもてなし大使」にも任命された。倉木さんは17年を「大事なご縁をたくさんいただいた一年」だったとして、

「そのすべての皆様への感謝の気持ちも込めて、心を込めて歌をお届けできたらと思っています。当日は大晦日の特別な空間を会場の皆さん、ご覧になられる世界中の皆さんと一緒に楽しめたらと思います。この日だけのステージを準備させていただきますので、ぜひ皆さんご期待ください!」

と紅白出場を意気込んだ。

   例年の紅白では、その年にヒットしたアニメの主題歌が披露されることが多い。例えば15年は「μ's」(ミューズ)が、テレビアニメ「ラブライブ!」のテーマソング「それは僕たちの奇跡」、16年はRADWIMPSがアニメ映画「君の名は。」の主題歌「前前前世」を披露している。17年は倉木さんがこういった役割を担う可能性がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中