2020年 2月 24日 (月)

ハードコア弁当、「シュール」「潔い」と大注目 考案者のピン芸人を直撃すると...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   「ハードコア弁当」。こんな一風変わった名前の手作り弁当が、いまツイッターを中心に注目を集めている。タッパーに敷き詰めた白飯の上に、出来合いのおかず一品を載せただけの簡素な弁当だ。

   考案者はお笑い芸人の「ホイップ坊や」さん(31)。J-CASTニュースの取材に、ネーミングの由来について「ただの『貧乏めし』でも、『ハードコア』と表現するとどこかポジティブに聞こえる。強がりというか、ユーモアですね」と話す。

  • おかずはハムだけ!「ハードコア弁当」話題に(画像はホイップ坊やさんのツイッターより)
    おかずはハムだけ!「ハードコア弁当」話題に(画像はホイップ坊やさんのツイッターより)
  • ホイップ坊やさんは芸歴9年目のピン芸人だ(画像は本人のブログより)
    ホイップ坊やさんは芸歴9年目のピン芸人だ(画像は本人のブログより)
  • 一度に5食を作り置きするという(画像はツイッターより)
    一度に5食を作り置きするという(画像はツイッターより)
  • おかずが「サラダチキン」のときも(画像はツイッターより)
    おかずが「サラダチキン」のときも(画像はツイッターより)

「なんかめっちゃ親近感湧く」

   ホイップ坊やさんは、主に都内の劇場で活動する芸歴9年目のピン芸人。タッパーに白飯を敷き、その上におかずを載せる「ハードコア弁当」は、10年ほど前から作り続けているという。2017年1月から、弁当を作るたびにその写真をSNSに投稿している。

   今回、「ハードコア弁当」が大きな注目を集めたのは、あるツイッターユーザーが11月18日に「面白い弁当作ってる人見つけた」と紹介したこと。投稿は7000回以上のリツイート、1万2000件以上の「いいね」を集めるなど、大きく拡散された(21日夕時点)。

   実際、ホイップ坊やさんが投稿している「ハードコア弁当」の写真をみると、その絵面は異様にシンプル。透明のタッパーに白飯が入れられ、上にはほぼ決まって茶色いおかず(ハムやベーコン、唐揚げ、アジフライなど)が一品ポツリと載っている。

   その見た目が「シュールで面白い」「とても合理的でいい」などと話題を呼び、ツイッターでは、

「ハードコア弁当...何だかすごく惹かれる」
「なんかめっちゃ親近感湧くww」
「正直言って、自分のはハードコア弁当でいいと思ってるんだ...憧れるあの潔さ...」

といった反響が広がることになった。

   ところで、「ハードコア弁当」が生まれた経緯とは何なのか。J-CASTニュースが11月21日、考案者のホイップ坊やさんに聞くと、

「20歳くらいの頃から、自分で弁当を作っています。最初は2段弁当で、上の段におかず、下の段にご飯を入れていたんですが、だんだんと面倒くさくなってきて、今のような形に落ち着きました」

と話す。メリットとしては、洗い物が少なくて済むことや、単純に値段が安いことなどが挙げられるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中