狩野英孝元カノ・加藤紗里も危険 若い女性に増えている「新型栄養失調」とは

印刷

【名医のTHE太鼓判!】(TBS系)2017年11月20日放送
「食生活が危ない!新型栄養失調とは?」

   ダイエットのために毎食納豆、大好きなチョコレートで一食済ます...などなど、「超偏食」が今問題となっている。そんな生活を続け、「新型栄養失調」に陥る高齢者や若い女性が増えているのだ。

   「狩野英孝の元カノ」や「にわかカープ女子」として知られる加藤紗里(27)もその一人だ。身長167センチ、体重44キロというプロポーションの裏には、不健康な食生活があった。

朝はコーラ1本、夜はチョコレートピザをペロリ

   「新型栄養失調」とは、1日に必要なカロリーは摂(と)れているが、タンパク質やビタミン、ミネラルなど、特定の栄養素が不足した状態を指す。

   番組は、加藤のある1日に密着。7時に起床した加藤は、冷蔵庫に大量に入った500ミリリットルのコーラを1本取り出し、飲み干した。朝食はこれだけだ。

   13時に撮影のため都内のスタジオへ。控室に用意されていたトンカツ弁当を手に取ると、バッグからマヨネーズを取り出しご飯にかけ始めた。

加藤「マヨネーズが大好きで何にでもかける。ご飯は味がないからかけちゃう」

   自称「マヨラー」の加藤は、マヨネーズの容器を常にバッグに入れて持ち歩いている。昼食はマヨネーズをかけた弁当のご飯半分で、トンカツには手を付けなかった。

   20時半に帰宅すると、マシュマロをトッピングしたチョコレートピザをデリバリーした。1人で1枚を平らげ、夜は836キロカロリー摂った。

   この日のゲストは、お笑いコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世、タレントの信江勇と、ぽっちゃりな人もいたが、内科の森田豊氏によると、加藤が「今回のゲストの中で最も血液がドロドロだった」という。

管理栄養士の浅野まみこ氏「食べているのが甘いものばかり。タンパク質と野菜を全く摂っていない。体に必要な栄養素が摂れていない」

肉・油を摂らない人は要注意

   自分が新型栄養失調かどうかは、以下の項目に当てはまるかどうかでチェックできる。

(1) 肉類をあまり食べない

(2) 油ものを抜いている

(3) 好きなメニューを何日も続けて食べる

(4) 白米やうどんなど炭水化物が大好き

(5) イライラしやすい

   多く当てはまった人は、食生活の見直しを。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中