山本一太・安倍首相質疑で「友達ごっこ」 野党の質問時間減らしの果てに出てきた「茶番劇」

印刷

   自民党の山本一太参院議員が自らの議員立法に対し政府の「応援」をわざわざ国会で何度も求め、安倍晋三首相らも嫌な顔をせずに次々に「応援」を約束する答弁をした。

   そのやり取りの一部が切り取られた動画がツイッター上で投稿され、衆院での野党の質問時間減らしと絡め、与党の質問レベルが議論になっている。

  • 予算委で質問に立つ山本一太氏(参院公式サイトの動画から)
    予算委で質問に立つ山本一太氏(参院公式サイトの動画から)

山本氏は、議員立法の法案をアピール

   参院予算委員会では2017年11月29日、予算の執行状況に関する調査について質疑応答が行われ、山本一太議員は、外交・安全保障問題を中心に政府の考えをただした。

   山本氏は冒頭、衆院で野党の持ち時間減少が論議になったことを踏まえてか、「国会審議の中でも与党には与党の役割がありますから、しっかりと質問させていただきたい」と述べた。「いつもの通り真剣勝負でいきます」と宣言し、安倍首相らにも「緊張感のある答弁をお願いしたい」と求めた。

   質疑では、森友学園や北朝鮮船侵入などの問題を取り上げ、後半では、日本のクールジャパン戦略に言及した。この中で、山本氏は、党内のプロジェクトチーム(PT)でクールジャパン戦略の基本法案を練っており、自らは、伝統文化から漫画、アニメなどまで睡眠時間を削って研究していると明かした。

   山本氏はまず、安倍政権の進める成長戦略との兼ね合いについて質問し、安倍首相は、「成長戦略の大きな柱」だとして、山本氏にクールジャパン戦略を推し進めてほしいと述べた。しかし、山本氏は、それだけでは満足できないらしく、こう安倍首相に求めた。

「法案について、総理に一言、『応援している』と言っていただけますか?」

「茶番劇だ」「いや建設的な議論」と賛否

   意表を突く質問に議場からは笑い声が上がったが、答弁に立った安倍首相は、素直に答えた。

「もちろん応援しております」

   山本一太氏は、世耕弘成経産相に対しても、「世耕大臣、『いいじゃないか』と言って下さい」と求め、世耕経産相は、「いいじゃないかと思います」と笑いながら答弁した。松山政司内閣府特命相にも同様な答弁を求めると、松山特命相もこれまた「極めて重要なことですので、積極的にお願いします」と述べた。

   山本氏は、こんな質問をした理由について、議員立法には政府とのすり合わせが必要だとして、「しっかりここで応援しているということが分かれば、これ議員立法を進めていくうえで大きな力になる」と説明した。クールジャパン戦略の基本法案については、2018年の通常国会の提出を目指すとしている。

   ツイッター上では、山本氏が応援を求め、安倍首相と世耕経産相が応援を約束するシーンだけが切り取られて動画投稿された。この投稿は、1万件以上もリツイートされ、山本氏と安倍首相らへのやり取りに批判的な声が上がっている。

「税金で何やってんの?国会議員は」「いったいなんなんですかね この茶番劇!!」「国会で友達ごっこはやめてくれ」...

   一方、山本氏は、安倍首相らの言質を取るために敢えて質問したと明かしていることから、「建設的な議論」「未だにモリカケガーの野党よりマシ」などと理解を示す声も出ている。

     

   <12月2日追記:記事の一部を手直ししました。>  

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中