「ゲオ」が4K50型テレビを4万9800円で発売 高性能なのに安く製造できるカラクリって何だ?!

印刷

   複合メディアショップ「ゲオ」などを展開するゲオホールディングスは2017年11月30日、「高品質モデル」の4K対応50型液晶テレビを4万9800円(税別)で販売すると発表した。「カカクコム」で検索すると日本メーカー最安値の4K対応50型液晶テレビの値段は9万円台で、価格だけの比較ではその半額だ。

   4Kテレビの販売では今年6月にディスカウントストア「ドン・キホーテ」がオリジナルの50型を5万4800円(同)で発売し大騒ぎになった。その後も「ノジマ」などがプライベートブランドの4K大画面テレビを発表しているが、なぜ家電メーカーではないこうした企業が、「高品質モデル」のオリジナルテレビを製造し、しかも格安で販売できるようになったのだろうか。

  • 「ゲオ」が12月13日から発売する「GH-TV50A-BK」(4万9800円、税別)
    「ゲオ」が12月13日から発売する「GH-TV50A-BK」(4万9800円、税別)

「ドン・キホーテ」オリジナルの5万4800円がきっかけ

   17年は4K大型テレビに「革命」が起きた年になった。口火を切ったのが「ドン・キホーテ」。オリジナルで4K50型を発売したところ「国内有名メーカーのものと遜色がない」などと大評判となり1週間で3000台が完売した。家電量販店の「ノジマ」は11月から49型、55型をプライベートブランドで発売し、値段はそれぞれ5万3800円(同)、6万9800円(同)で、現在は完売。ディスカウントストア「MrMax」は11月30日からオリジナル49型4K対応液晶テレビの1,500台限定予約販売を開始した。

   そしてゲオホールディングスが30日、12月13日から全国の「ゲオ」ショップ約50店舗、「セカンドストリート」約300店舗で1700台を販売すると発表した。製造元はパソコン周辺機器を中心とした電子機器総合メーカーのグリーンハウスだ。ショップとしては「ゲオ」側の独占販売となり、グリーンハウスのオンラインショップでも購入することができる。仕様書を見ると4Kパネル(3820×2160ピクセル、60Hz)を搭載し、直下型LEDバックライトを備えるなど「高品質モデル」だ。それなのに、価格比較サイト「カカクコム」で検索すると国内メーカーの同様なタイプの最安値をさらに下回る約半額だ。どうしてこのような価格が実現できたのか、そしてパソコン周辺機器メーカーが家電に参入することになったのだろうか。J-CASTニュースは12月1日にグリーンハウスに取材した。

   グリーンハウスの担当者によれば、家電メーカーではない企業が4K対応の大型テレビを作るきっかけになったのは、国内大手家電メーカーがテレビのマザーボードの販売を開始したためなのだという。

市販の15万~20万円の高額テレビとは比較できない

「安く作るのはいつでもできましたが、海外メーカーからマザーボードを買う必要がありました。それは性能面などでのリスクが高いため、国内製造メーカーの信頼の失墜につながりかねません。そうした中で国内の一流メーカーが提供を始めたわけですから、これはいける、となったわけです」

と説明した。同社は18年間にわたりパソコンのディスプレー、映像・オーディオ関連機器の製造のほか、デジタルサイネージなどのセールスプロモーション関連製品も手がけていて、テレビを作る技術はもともと持っていた。国内の一流メーカーのマザーボードが手に入ったことで高品質、低価格というインパクトを出そうと考案。低価格の実現はこれまで培ってきたノウハウと、取引先の協力によって、テレビパネルなどの部品を安く仕入れることが可能になった。

「この価格としては最大限高品質に仕上げましたが、ハイダイナミックレンジ、倍速といった人気のシステムは搭載していません。市販されている15万~20万円の高額テレビの性能とは比較できないんです。それでもテレビを作り続けて行く限り、性能の向上に取り組んでいきます」

と話していた。それではこうした低価格化の流れから、大手メーカーのテレビも値段が下がっていくかというと、そうはいかないらしい。パーツサプライヤー(部品製造業者)との関係や、製品化する際に厳しい管理基準があり、コストの削減が難しいからだという。そして、

「低価格の4K大型テレビの流れはまだ始まったばかりで、様々な企業が参入し来年以降も注目される分野になって行くだろうと思っています」

と担当者は予想した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中