2018年 11月 15日 (木)

「改元の日はメーデーですよ。驚きました」 御厨貴教授もびっくり

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で
「改元の日はメーデーですよ。驚きました」

   「皇室会議」がまとめた意見を受け、天皇陛下が2019年4月30日に退位し、5月1日に改元する日程が固まったことを受け、御厨貴・東大名誉教授は、朝日新聞の取材に対し、こんな感想をもらした。5月1日は「労働者の祭典」メーデーだ。

  • 2017年12月2日の朝日、読売、毎日新聞朝刊1面
    2017年12月2日の朝日、読売、毎日新聞朝刊1面

「メーデー潰しじゃない?」の声も

   2017年12月2日付の全国紙各紙(東京最終版)は、1面で前日の皇室会議でまとめられた意見を報じた。19年5月1日の皇太子さまの即位と同時に改元する、などの内容となっている。

   5月1日は「労働者の祭典」メーデーで、労働組合が大規模な集会を開き、デモ行進する日、といったイメージが強い(連休の状況によっては「5月1日前後」に開催することも)。

   「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の元座長代理である政治学者の御厨氏は、朝日新聞の12月2日付朝刊「耕論」欄で記者の取材に答えた。改元の日をめぐり、宮内庁と官邸側とに、せめぎ合いがあったことなどを指摘した上で、

「改元の日はメーデーですよ。驚きました」

と答えた。御厨氏は、日経新聞の2日付朝刊でも「5月1日はメーデーだ。労働者のお祝いの日に改元するのか」と違和感を表明している。

   「メーデーに改元」する事に驚いたり違和感をもったりした人は他にもいた。12月1日から2日かけて、

「メーデーで労働者のお祝いの日になぜ改元するのか」
「メーデーも馬鹿にされたもんだなっていう思いも強い」
「メーデーと同じ日に改元ってアホか」

といった声が並んだ。中には

「メーデー潰しではないのか」
「メーデー潰しじゃない?宮内庁は4月1日が良かったんでしょ?」

という見立てを披露する人も。

   2019年の改元当日は、警察を真ん中にはさんで、メーデーのデモ行進と、改元や皇太子さまの即位を祝う提灯行列とが、同じ道路で行き交うことになるのでは、という予測をする人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中