アノやくみつるが白鵬を褒めた! 披露した「ちょっといい話」

印刷

   大相撲の横綱・白鵬に対して厳しい姿勢を取る、漫画家で元相撲協会外部委員のやくみつるさん(58)が白鵬関を褒めた。

   フォローするわけではないと前置きしたうえでの発言だったが、リスナーからは「いい話」とのツイートも投稿されている。

  • やくみつるさん(2016年9月撮影)
    やくみつるさん(2016年9月撮影)

暴行問題の「真相に迫りつつある」!?

   お笑いコンビ「ナイツ」がパーソナリティーを務めるTBSラジオ「土曜ワイドラジオTOKYOナイツのちゃきちゃき大放送」2017年12月2日放送回にゲスト出演したやくさんは、世間を賑わせている相撲の一連の騒動について言及した。

   はじめに、元横綱・日馬富士が貴ノ岩関に暴行した問題について、「真相に迫りつつある」と口を開いた。

「貴ノ岩というのは、貴乃花部屋の人ですから、従前のごっつぁん体質とか馴れ合いとかを嫌っている」

としたうえで、問題のあった2次会の場で貴ノ岩関が「料金、頭割りにしませんか」と提唱したというのだ。元日馬富士はそれを真に受けて、貴ノ岩関を文字通り「頭割り」に――。まさかの親父ギャグのオチに、ナイツも「真剣に聞いちゃった...」「やられた」と悔しがっていた。

   そして白鵬関の話題に移ると、やくさんは「白鵬の困ったところはですね...」と切り出した。かねてから白鵬関に対するコメントが厳しいやくさんだが、九州場所での白鵬関の言動についてはテレビ番組などで「白鵬に一番非がある」「腫れもの」だと批判してきた。ラジオでも、11日目の嘉風戦での立ち会い不成立を主張する際の態度が「出場停止」ものだと糾弾した。

   一方で白鵬関をフォローする場面も。貴乃花親方が巡業バスで白鵬関を置いて行ったという報道に関して、「ナイツ」の塙宣之さんが「白鵬関が最後までサインに応じていた」という説を紹介すると、やくさんが「私は白鵬ずっと厳しく言っていますけど、フォローするんじゃないけど...」と前置きしたうえで、白鵬関のエピソードを紹介した。

「よく結婚式とか宴会の席で、白鵬ってほとんど最後までいますよね。わりあい、政治家の先生とか相撲界でも偉い人とかは、最初乾杯だけして出て行っちゃうケースが多いなか、白鵬はほぼ最後までいますよ。それで(ファンサービス)応じていますよね。それだけは見ていますよ、私もね」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中