金正恩動画も高画質に? 朝鮮中央テレビが「ハイビジョン化」

印刷

   北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射しているのに続いて、メディアでも攻勢を強めているようだ。これまでは標準画質(SD)で放送されてきた朝鮮中央テレビの番組の大半がハイビジョン(HD)化された。今後はミサイル発射や金正恩氏の動画も高画質化しそうだ。

   北朝鮮のIT情報を集めた専門技術サイト「ノースコリア・テック」などによると、中国中央テレビが2012年、朝鮮中央テレビに対して80万ドル(約9000万円)相当の放送設備を支援。撮影・伝送機材面でHD対応を進めてきた模様だ。

  • 2017年12月4日の20時のニュースの画面。16対9の画面になっている
    2017年12月4日の20時のニュースの画面。16対9の画面になっている
  • 2017年12月2日の20時のニュースの画面。画面サイズは4対3だ
    2017年12月2日の20時のニュースの画面。画面サイズは4対3だ

生活水準向上で16対9の新型テレビが普及?

   2015年には送信用の回線をHD対応したタイの衛星のものに切り替えた。だが、この回線を通じて送られてくる番組はSDのもので、16対9のHD画面の中に4対3のSD画面が映し出され、画面の左右に黒い帯が入っている状態が続いていた。

   だが、17年12月4日からは番組もHD化。左右の黒い帯がなくなり、ニュース番組冒頭のCGも、16対9のサイズに合うように作り直されたように見える。韓国のKBSは3月24日にSDとHDの映像を交互に送出する試験放送が行われていたと報じており、試験放送の結果を踏まえて本放送に移行した模様だ。KBSは北朝鮮消息筋の話として、

「最近、北朝鮮の住民の生活水準が向上し、4対3の比率の旧式テレビはほとんど消えて16対9の比率の新型テレビが普及していることと関連しているようだ」

と分析している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中