2018年 8月 17日 (金)

「旭鷲山が喋れば喋るほど混乱」 テレビで「噛み合わない」会話にイライラ

印刷

   元小結・旭鷲山氏が2017年12月7日放送の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に出演し、元横綱・日馬富士の暴行問題についてコメントしたが、出演者といまいち会話が噛み合わず、ツイッター上では「サッパリ何を言ってるのかわからなかった」と呆然とする声があがった。

   旭鷲山氏は暴行問題の発覚当初、被害者の平幕・貴ノ岩と直接電話で話したとして注目されていたが、その後発表された日本相撲協会の中間報告の内容とは食い違いも多かった。

  • 両国国技館
    両国国技館

「それぞれの目で見て、耳で聞いていたことが、違ったんじゃないですかね」

   旭鷲山氏は11月23日当時、貴ノ岩と電話したとして「みんなで話しているときにちょっとだけ携帯をいじったら、急に日馬富士がやってきて殴り始めた」などと「証言」していた。だがその後、協会から出た中間報告は「白鵬が話しているときに貴ノ岩がスマホを操作して、日馬富士が注意した」などといった内容だった。

   「ミヤネ屋」では、司会の宮根誠司さんが「当初、貴ノ岩関が旭鷲山さんに言ったことと中間報告が違うんですけども、どうお感じになりますか」と聞いた。旭鷲山氏は「結構ややこしいんですけど」などとして

「みんなそれぞれ違ったことばかり言うから。こっちも最後の最後でなんとなく分かったのが、みんな酒入っているし、カラオケでも飲んでいるし、酔っぱらっているし、電気も暗かったし、それぞれの目で見て耳で聞いていたことが違ったんじゃないですかね」

と答えていた。

   また、読売テレビ報道局解説委員の春川正明氏が「いま、被害者側と加害者側の話がだいぶ違うのですが、旭鷲山さんが聞いた他の同席者はどちらに近い話をしているんですか」と尋ねたが、

「『ちょっとすごかったよ』と。僕は『どうしたの』と聞いたら、『日馬富士がみんなに怒って、貴ノ岩をぶん殴ったり』と。それを聞いて僕は何とも思ってなかったんですよ、その時は。『ああそれ当たり前だよ、相撲でもどこでもあることだから』と」

と質問の趣旨とズレたような内容だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中