2019年 8月 26日 (月)

酒は喉にも悪影響及ぼす 同量の「チェイサー」で若い声を保とう

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

【あさイチ】(NHK総合)2017年12月4日放送
「はやく気づいて!のどの老化」

   食事の最中にむせるようになった、風邪でもないのに急にせき込む、サラッとした飲み物が飲みづらい...など、ちょっとした違和感を覚えている人、喉の筋肉が衰えているかもしれない。

   喉の筋肉は40歳頃から衰え始め、声が低くなったりかすれたりするだけでなく、危険な誤嚥(ごえん)性肺炎にかかりやすくなるおそれもある。早いうちから喉の老化対策をしておくのが大切だ。

更年期が声帯にも影響

   順子さん(42)は長男を保育園に迎えに行った際、走り出したのを呼び止めるため声をかけたら、子供が驚いた表情で振り返った。その後笑いながら「ババ(祖母)の声かと思った」と言われた。75歳の母と声が似ているなんて...と、ショックだったという。

   カラオケでも高い音が出ず、持ち歌が歌いづらくなったそうだ。

   声の変化は、年齢を重ねた女性にとって付き物の悩みといえるが、そもそもなぜ声が低くなるのか、耳鼻咽喉科医の中村一博氏が解説した。

   女性は更年期を迎えると、女性ホルモンの分泌量が低下する。その影響で、声帯の粘膜の潤いが失われ、声につやがなくなりカサカサになる。

   また、喉の筋力が低下して声帯を開閉する力が弱くなり、高い声が出なかったり、かすれたりするようになる。

   女性ホルモンを投与しても声帯の回復は望めず、若い頃の声には戻らない。声を若返らせるには、中村氏が勧めるトレーニングが有効だ。

   背もたれにもたれかからないようイスに姿勢良く座り、両手で座面をしっかり握って、イスを手で持ち上げるように力を入れながら、いきむ感じで「んっ」と声を出す。

   10セットを1回とし、1日5~10セット行う。声帯を閉じる筋肉が鍛えられ、ひと月ほど続ければかすれた声の改善が期待できる。

   声帯には酒とタバコも悪影響を及ぼす。酒を飲むと代謝するために体の水分が使われ、脱水状態になり粘膜のツヤ、ハリがなくなる。飲酒の際は、酒と水などのチェイサーを1対1で飲もう。

   タバコは刺激で声帯が慢性の炎症状態になり、声が低く、ガラガラになる。禁煙すればある程度の改善は望める。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中