2019年 9月 19日 (木)

中2娘の採尿手伝い、当然スマホは隅々チェック 過保護と監視がひどい親の実態

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

「監視は必要悪。子供にプライバシーはない」

   長女の日常は全て把握しないと気が済まないので、スマートフォンの監視は「当たり前」の感覚だ。

   長女が寝た後LINEのやり取りを見て、誰が友達リストに入っているのか、まだこの子と繋がってるのね、などとチェックする。どんな動画を見ているのかなど、ブラウザの履歴ものぞく。

   MCの山里亮太「子供の履歴見るのは絶対ダメだよ!」

   メールを見てみたら、「インスタ映え」で人気の池袋のカフェに友達と行っていたことが発覚した。

   イズミさん「池袋に行ったら次はどこに行く?渋谷、原宿、新宿。まだ中学生なのに、危ない世界に...危ない、まだ行っちゃダメ!」

   MCのYOU「渋谷行ったからって全員ブルマ売ってるわけじゃないのよ!」

   その後はニュースを見ながら、遠回しに渋谷や新宿は危険な場所だと警告したそうだ。

   ほかの「ヘリコプター」な母親も、LINEの監視はもちろん、息子の担任や友達のTwitterアカウントを特定し、息子が内緒にしていることをつかむなどしている。高校2年の娘のTwitterの「裏アカウント」を見つけ出した母親は、「悪の道に入らないように」監視しているとのたまう。監視は必要悪で、「子供にプライバシーはない」と断言していた。

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中