2018年 9月 23日 (日)

茂木健一郎「首相と食事して喜ぶ芸人」に皮肉 「松本(人志)を名指ししてるも同然」

印刷

   首相と食事をして喜ぶような芸人は「文化にはあまり貢献しないと思う」――。脳科学者の茂木健一郎氏(55)が2017年12月17日夜に投稿したツイートが、「ダウンタウン」の松本人志さん(54)への皮肉ではないか、などとネット上で注目を集めている。

   新聞各紙がウェブ版でも掲載した15日の「首相動静」では、安倍晋三首相がこの日の夜に松本さんら複数の芸能人と都内で会食をしたと伝えていた。そのためネット上では、冒頭に挙げた茂木氏のツイートについて、松本さんを「名指ししてるも同然」との反応が出ているのだ。

  • 「ダウンタウン」の松本人志さん(16年11月撮影)
    「ダウンタウン」の松本人志さん(16年11月撮影)
  • 「民進党」結党大会に出席していた茂木さん(16年3月撮影)
    「民進党」結党大会に出席していた茂木さん(16年3月撮影)

「文化にはあまり貢献しないと思う」

   茂木氏は17日のツイートで、お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」が同日夜のお笑い番組「THE MANZAI」(フジテレビ系)で披露した政治風刺ネタを「すばらしい」などと絶賛した。

   まず茂木氏は、原発問題や沖縄の米軍基地問題に鋭く切り込んだネタについて、「ウーマンラッシュアワー、がんばったんだなあ」と一言。その上で、

「日本のコメディが変わるきっかけになれば。放送してくださったテレビ局の方々にも、心からの敬意と感謝を捧げます」

とも投稿した。続くツイートでは、「ウーマンラッシュアワーのような笑いを応援してください。お願いします。日本の未来を開く」とまで訴えていた。

   このように、「ウーマン」の2人が見せた風刺ネタを絶賛するツイートを立て続けに投稿した上で、茂木氏は突然、

「時の首相と食事をしてよろこんでいるようなお笑い芸人や、コメンテーターは、別にいてもいいけど、文化にはあまり貢献しないと思う」

と切り出した。

   さらに茂木氏は「そういう人たちは、忖度のエンジェル(編注・原文ママ)に過ぎないから。それは、公共の電波でやるコメディではありません」と指摘。その上で、「このツイートについては、反省も謝罪もするつもりはありません」とも訴えていた。

「首相と最近食事した芸人といえば...」

   もちろん、茂木氏は一連の投稿の中で、特定の芸人を名指しして「文化にはあまり貢献しない」と皮肉っているわけではない。しかしネット上では、ツイートの中に「首相と食事をして...」という言葉があったことから、

「茂木氏のツイートは、松本人志を批判しているのではないか」

との憶測が広まることになった。

   茂木氏のツイートのわずか2日前(15日)に、安倍首相が東京・四谷の焼肉店で松本さんら複数の芸能人と会食したと報じられていたからだ。

   このとき会食に参加したと伝えられたのは、松本さんのほか、お笑い芸人の東野幸治さん(50)、社会学者の古市憲寿さん(32)、HKT48の指原莉乃さん(25)。安倍首相がゲスト出演したこともある情報番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)でお馴染みのメンバーだ。

   こうした会食報道と茂木氏のツイートを関連付けて捉えるユーザーは少なくなく、ツイッターやネット掲示板には、

「首相と最近食事した芸人といえば松本やん...」
「茂木の発言は松本を名指ししてるも同然」
「逃げずに『松本人志』とちゃんと書け」
「これは松本人志へのディスりやな????茂木さん」

との書き込みが相次いで上がっている。

   なお茂木さんといえば、過去にも日本のお笑い芸人について「本当に終わっている」などとツイートしたことで物議を醸したことがある。このとき、松本さんは3月19日放送の「ワイドナショー」で、

「(茂木さんには)笑いのセンスがまったくないから、この人に言われても刺さらない」

などと反論。翌週の3月26日放送の同番組には、茂木さんがゲスト出演し、「誤解を与えてしまって本当に申し訳ない」などと松本さんに直接謝罪していた。

   こうした過去の騒動を踏まえてか、今回の茂木さんの投稿についてネット上では、「また松本に喧嘩売ってる...」「茂木さんまたワイドナに出て欲しい」との意見も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中