2019年 12月 11日 (水)

枝野氏「同じ質問を自民党総裁に」 「会見の定例化を」指摘の記者に「反撃」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   立憲民主党の枝野幸男代表が2017年12月18日に東京・有楽町の日本外国特派員協会で行った会見で、体制が整い次第、記者会見を定例化する意向を示した。立憲民主党は現時点で、主要野党の中で唯一、幹部による定例会見を開いていない。

   この点を指摘した記者に、枝野氏は「是非同じ質問を自民党総裁にしてください」と「反撃」。返す刀で、安倍晋三首相の記者会見が少ないことを問題視した。

  • 日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表
    日本外国特派員協会で記者会見する立憲民主党の枝野幸男代表

民主党政権では1日2回、下野してからも週1回の会見こなしていた

 

   枝野氏は民主党政権で官房長官を務めた際は平日は1日2回、突発事態が起きた時はそれ以上の回数の会見をこなしていた。民主党が下野してからも、民進党の幹事長として週1回の定例会見に臨んでいた。だが、立憲民主党を立ち上げてからは一変していた。

   立憲民主党は10月2日に結党会見を開き、翌3日に発足。そのまま衆院選(10月22日投開票)に突入した。公認候補決定や大勢判明後の節目には記者会見を開いたもの、定例化はされていなかった。11月1日から12月9日まで行われた特別国会の会期中も、枝野氏が記者会見を開くことはなかった。

 

   枝野氏は、18年1月に開会する通常国会では記者会見を定例化するように求める記者の声に、

「党が立ち上がったばかりで、なかなか定例で会見をする余裕がないものですから...」

と釈明。その上で

「ある程度その体制が整ったら、定例の会見をしていきたいと思うが、是非同じ質問を自民党総裁にしてください」
「私は自民党総裁、野党第1党の会見の頻度は同じぐらいあるべきだと思っています」

と続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中