2018年 9月 21日 (金)

つくば市の「成人式」に鉄製の柵!! 警備員配置4倍で「動物園かよ!」ネットで笑い

印刷

   成人式で暴れるのは「つくば市の文化」なのだそうだ。毎年、新成人の後輩が式を見に来て先輩たちが暴れる様子を観察し「カッコいい」と唸り声をあげ、来年は自分たちがと思うのだという。

   そんなつくば市が2018年1月7日に開催する「成人の集い(成人式)」で、警備員を今年の4倍の40人を配置するなど混乱対策を強化する。今年初めて逮捕者が出たためだが、新成人が壇上に登れないようにするため鉄製の柵を置くと発表したことで、「動物園かよ!」などといった笑いがネット上で起きた。

  • 晴れ晴れしいはずなのだが・・・ (写真はイメージ)
    晴れ晴れしいはずなのだが・・・ (写真はイメージ)

逮捕者を初めて出してしまった

   J-CASTニュースが17年12月21日につくば市に取材したところ、18年1月7日に開催する成人式では警備員を増やすほか、市職員らを含めたスタッフ数は同90人から200人に増員する。危険物はもちろんだがクラッカーや酒類の持ち込みを禁じ、入場時にはバッグの中身など持ち物検査をする。飲酒している場合は入場を断る場合もある。また、これまでは式典、アトラクションを合わせて2時間半の開催時間だったが、これを45分程度に縮める。新成人の集中力が切れないようにするためだ。

   ネット上ではこうした市の対応に、

「ここまでして開催する必要あるのか?」
「鉄柵wwwww成人式なのか動物園なのかはっきりしろ」

などといったことがツイッターや掲示板に書き込まれた。

   どうしてこれほどまで厳重な警備をしなければならないのだろうか。実は17年1月9日に行われた式は過去最大の混乱になった。五十嵐立青市長の挨拶中にクラッカーを鳴らしたり会場の椅子を投げようとする1団がいて、始まって15分後に式は中断。10分後に再開されたものの騒ぎは収まらず、壇上の前に次々と飛び出す新成人がいて警備員に静止され押し合うような状態が続いた。壇上にいた来賓の石井啓一国土交通相の席の近くに登壇しようとする新成人もいて、それは石井大臣のSPによって抑えられた。警察官の職務を妨害した公務執行妨害容疑で、当時19歳の新成人の少年が現行犯逮捕された。市によれば式の中断も逮捕者が出たのも初めてだという。

   厳重な警備をしなければならなくなっている理由は他にもある。それは式で暴れるのが「つくば市の文化」だとし、これからもこのような混乱が続く可能性があるからだ。17年1月10日放送の「モーニングショー」(テレビ朝日系)では、式で暴れた10人ほどの新成人のインタビューを放送した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中