作家の葉室麟さん死去、66歳 「蜩ノ記」で直木賞

印刷

   直木賞を受賞した「蜩(ひぐらし)ノ記」などの歴史・時代小説で知られる作家の葉室麟(はむろ・りん)さんが2017年12月23日、死去した。66歳だった。各メディアが報じた。

   1951年、北九州市小倉の生まれ。西南学院大卒業後、地方紙記者などを経て、2005年に「乾山晩愁」で歴史文学賞を受賞し、54歳でデビューした。

   07年に長編小説「銀漢の賦」で松本清張賞、12年に「蜩(ひぐらし)ノ記」で直木賞を受賞した。「蜩ノ記」は映画化され、16年には「鬼神の如(ごと)く 黒田叛臣(はんしん)伝」で司馬遼太郎賞を受賞した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中