2018年 5月 23日 (水)

さんまの発言は「セクハラでは?」 桐谷美玲にロナウドの「DNAもらってこい」

印刷

   明石家さんまさん(62)が、女優・桐谷美玲さん(28)さんへ「DNAもらってこい」と発言したことが、ネットで「セクハラでは?」と物議を醸している。

   さんまさんは2016年、サッカーのクラブ世界一を決める大会「FIFAクラブワールドカップジャパン2016」(クラブW杯)の特別番組で桐谷さんと共演。レアルマドリード(スペインリーグ)のスタープレーヤー、クリスティアーノ・ロナウド選手をめぐり、桐谷さんに冒頭のセリフを投げかけたという。

  • さんまさんの発言にブーイング
    さんまさんの発言にブーイング
  • 桐谷美玲さん(写真は2014年12月撮影)
    桐谷美玲さん(写真は2014年12月撮影)

「今夜...ロナウドに抱かれておけ」

   桐谷さんは2017年12月24日、さんまさんが司会を務める「行列のできる法律相談所」(日テレ)の「クリスマスザンゲSP」の生放送に出演した。

   番組は、ゲストが2017年の「罪」を懺悔する企画を放送した。桐谷さんの番になると、ナレーションが「(桐谷さん)自身の懺悔はないが、『懺悔してほしい人ならいます!』」と説明。2016年クラブ杯での出来事がVTRで流れた。

   それは、レアル・マドリードの試合当日のことだ。中継キャスターを務める桐谷さんは、キックオフ間近で緊張していたという。試合会場のエレベーターに乗り込むと、バッタリさんまさんと出くわした。

   さんまさんは緊張をほぐそうとしたのか、桐谷さんにこう話しかける。

「桐谷...今夜...ロナウドに抱かれておけ」

   エレベーターの中は静まり返り、桐谷さんは絶句。さんまさんはさらに追い討ちをかけるかのように、

「未来の日本代表のためにロナウドのDNA、ゲットしてこい!」

と続けたという。

   「信じられない一言」「最低の下ネタだった」と、ナレーションはこのエピソードを紹介した。

北村弁護士「完璧なセクハラですよ」

   お笑い芸人の東野幸治さんがVTR放送後、さんまさんの「抱かれておけ」発言に水を向けると、本人は

「おれは真剣に言うたんや。ロナウドのDNAが日本サッカー界に必要や、と。下ネタでも何でもないねん」

とコメント。

   桐谷さんが「緊張感ただよっている、2時間ちょっとの生放送本番前ですよ。関係者がいっぱいいる中で、あんなこと言われて私、どうしたらいいんですか」と訴えるも、

「芸能界の先輩の言うことを聞いてくれたらいいねん」

と笑いに逃げた。

   だが北村晴男弁護士が「完璧なセクハラですよ」と指摘するなど、共演者らは「セクハラ」などと声を上げる。

   さんまさんはこれを受け、

「いや、僕が育てるんですよ」「ロナウドの子どもやで」

と発言してひな壇のブーイングに拍車をかけた。

   さんまさんの一連の発言をめぐっては、ツイッターで

「明石家さんまがサッカーのキャスターやってる桐谷美玲に『今夜ロナウドに抱かれとけ、日本代表のためにDNAもらってこい』って言った件、普通にセクハラでは?」
「ロナウドのDNA云々の話は、普通にさんま最低だろw」
「さすがに明石家さんまの『日本の未来のためにロナウドのDNA入手してこい』みたいなセクハラ発言にはドン引き」

と厳しい指摘が相次いだ。

   一方で、

「何で昨年の件を今更問題視する?」

との声や、あくまでテレビ上の演出に過ぎないという見方もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中