2021年 1月 26日 (火)

シャーマンキングが「マガジン」で復活!? ジャンプの人気作...意味深告知で憶測広がる

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   かつて週刊少年ジャンプで連載していた人気漫画「シャーマンキング」が、出版社を「移籍」して復活するのではないか......。こんなウワサが、インターネット上の漫画ファンの間で囁かれている。

   きっかけは、2017年12月16日発売の漫画誌「マガジンエッジ」(講談社)に掲載された意味深な告知だ。これを見たファンから、「マガジンで新作?」「講談社で復活ってマジ?」といった期待の声が続々と上がっているのだ。

  • 集英社「シャーマンキング」1巻表紙(画像はhonto公式サイトより)
    集英社「シャーマンキング」1巻表紙(画像はhonto公式サイトより)
  • 「マガジンエッジ」(2018年1月号)に掲載された告知ページ
    「マガジンエッジ」(2018年1月号)に掲載された告知ページ
  • 集英社「シャーマンキング」1巻表紙(画像はhonto公式サイトより)
  • 「マガジンエッジ」(2018年1月号)に掲載された告知ページ

告知ページには「skg20th」

   漫画家の武井宏之さんが描くシャーマンキングは、1998年から2004年まで「ジャンプ」誌上で連載された。主人公の麻倉葉(よう)ら霊能力者の少年少女たちが、全知全能の力を持つ「シャーマンキング」を目指して戦いを繰り広げる物語だ。

   本編の連載終了後、2012年4月には月刊誌「ジャンプ改」でシリーズの新作「シャーマンキングFLOWERS」の連載がスタート。しかし、14年11月号をもって同誌が休刊したことに伴い、連載は物語の途中で終了していた。

   その後、武井さんは1997年の連載デビュー時から一貫して作品を発表していた「ジャンプ」系列から離れ、15年3月に小学館の「コロコロアニキ」で新たな連載をスタート。同年9月には、講談社の「マガジンエッジ」で、擬人化した猫を主人公にした新作漫画「猫ヶ原」の連載を始めた。

   シャーマンキングとの関連が噂されている話題の告知は、マガジンエッジ(18年1月号)に掲載された「猫ヶ原」最新話の途中に挟まれたものだ。

   告知は背景が赤く塗られており、ページの中央には尖った髪型が特徴的な人物のシルエットが描かれている。そして、「2018 1.1OPEN!」という言葉とともに、「skg20th」などの文字が並ぶウェブサイトのURLが記してある。

   こうした意味深な告知に対し、同作のファンからは「シルエットが1巻の表紙と酷似」「skg20th...シャーマンキング20周年かな」といった指摘が続々と出た。あわせて、ツイッターやネット掲示板では、

「シャーマンキングがマガジンで復活するってマジ?」
「講談社でマンキン復活ってまじ??」

などと期待の声が広がることになった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中