2018年 9月 22日 (土)

大相撲「暴行事件」めぐるアイスピックの怪 そもそも店になかった?

印刷

   大相撲の元横綱・日馬富士の暴行事件をめぐり、鳥取地検が2017年12月28日にも傷害罪で略式起訴する方針を固めたと、マスコミ各社が27日に報じた。

   しかし、事件に関する情報は錯そうしている。真相は謎に包まれており、テレビの情報番組でも連日のように取り上げられている。そうしたなか、「アイスピック」をめぐる異なる情報に混乱する視聴者も出ている。

  • アイスピックはあった?なかった?(画像はイメージ)
    アイスピックはあった?なかった?(画像はイメージ)

相撲協会と貴乃花親方の報告書の内容の「食い違い」

   12月27日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)では、相撲取材歴30年の横野レイコリポーターが出演。同日発売の「週刊新潮」が報じた、相撲協会と貴乃花親方の報告書の内容の食い違いについて言及した。

   「週刊新潮」は貴乃花親方の支援者の話として、貴乃花親方の報告書には「暴行を続ける日馬富士がアイスピックをもった時にようやく白鵬が止めに入った」という内容が書かれていたと報じた。一方の相撲協会の最終報告書には、アイスピックを「持ち出した事実は認められなかった」と記されていたという。

   この情報の信憑性について問われた横野リポーターは、今回の一連の騒動について、貴乃花親方が沈黙を貫くなか、後援会の人やモンゴルの元力士などの「貴乃花親方サイド」の情報がたくさん出てきているのが混乱の元だと指摘した。続けて、

「貴乃花文書を協会の理事たちにも取材してたら、アイスピックという文言は入ってないんですよ」

と話した。元日馬富士や他の力士にも確認したところ、「鳥取のお店にアイスピックはなかった」という。

   ところが、横野リポーターは11月16日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)で、全く違うコメントをしていた。

「色んな情報が出ています」

   11月16日放送の「とくダネ!」では、同日付のスポーツ報知の記事を引用し、「(日馬富士が)側にあったアイスピックを持ったところで、同席者が慌てて止めに入った」という情報を紹介した。すると横野リポーターはすぐさま、

「貴ノ岩関がアイスピックを持って、『あなたたちの時代は終わったんですよ』と言った、という噂もあったりして。どちらがどちらかは色んな情報が出ています」

と主張した。そのうえで、

「でも情報は、アイスピックを本当に双方持っていたのかどうかも、定かではないんですけどね」

とも付け加えた。

   この発言を記憶している視聴者の中には12月27日の放送を受け、

「そもそもお店にアイスピックはなかったと言い放った!!えっ、あなたがアイスピックのこと言ったんですけど」
「アイスピックを誰が手にしたか、横野レイコリポーターの過去の発言はどうだったのか...」
「事件が発覚したときに、横野はアイスピックを貴ノ岩が持ったって最初言ってたけど、日馬富士が持ったっていう貴乃花文書は否定するんだな」

といった指摘がツイッター上に相次いで投稿された。

   証言者の間でも見解の相違があり、取材する相手により情報が異なっている可能性もあるが、番組内では詳しいやりとりや説明はなかった。

   アイスピックは現場にあったのか、もしあったとして誰か握ったのか、握ったとしたらそれは誰なのか――真実はまだ藪の中だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中