貴乃花の「理事解任」、高野委員長が親方の言動を逐一糾弾 やくみつる「最大級の怒気を感じます」

印刷

   元横綱・日馬富士の暴行問題で、日本相撲協会の臨時理事会は2017年12月28日、貴乃花親方を「理事解任」とした。が、次の理事選までのわずか1か月間の処遇で、「親方に配慮したのだろう」との見方が出ている。

   一方で、会見した高野利雄・危機管理委員長は親方の行動の「落ち度」を次々に非難。その言葉の端々には協会側が貴乃花親方に抱く「怒り」がほとばしり出ていた。

  • 貴乃花親方(画像は貴乃花部屋の公式サイトから)
    貴乃花親方(画像は貴乃花部屋の公式サイトから)

「師匠として部屋の弟子の指導はこれまで通りに行えます」

   会見で、八角理事長は「貴乃花理事の行為は理事の忠実義務に著しく反するものと言わざるを得ません」と糾弾、「貴乃花理事の解任を評議員会で審議していただくべきであるということで、臨時評議員会の招集を議題に取り上げました」と報告した。解任権限は評議員会にあるため、18年1月4日の臨時評議員会で提案する。

   「理事解任」は7つある協会の処罰規定の中でも3番目に重い「降格」にあたるが、八角理事長は会見で、貴乃花親方が「(18年2月の)理事選に立候補することは可能」だと明言。「師匠として部屋の弟子の指導はこれまで通りに行えます」とも明示した。立候補すれば同親方の当選は確実とみられており、実質的に処分期間は1か月程度にとどまることになる。

   こうした決議には、「貴乃花親方に配慮した」との見方が少なくない。だが、会見での高野委員長の言葉には、協会側の「怒り」が噴出するかのようだった。

   まず貴乃花親方が巡業部長でありながら協会に暴行の報告義務を怠った点を問題視。

「親方としては、貴ノ岩のケガを知った直後に、まずは協会にその内容を報告すべきであったと言えます。およそ理事・巡業部長として誠実な職務執行を果たしたとは言えず、このような報告懈怠(けたい)は理事としての忠実義務に著しく反するという判断を致しました」

と述べる。

   さらに、親方の言い分を次々と批判した。

「到底理解できない対応である」

   高野委員長は「親方は『自分の部屋でない別の力士なら報告したかもしれません』と言っています。『自分の弟子だから調べようと思い、すぐには協会に報告しなかった』、さらに『事態を把握しなければ協会には報告しようがなかった』と弁解している」と前置きしたうえで、

「しかし考えてみれば、ケガをしたものが自分の相撲部屋に所属するかどうかは、報告しない理由にはならないと思います」

と非難。

「警察に相談する前に『警察に相談に行く』と協会に報告すべきであった。そのことは理事・巡業部長として当然の職務であり、到底理解できない対応である」

と強い口調で述べた。さらに、

「このことは言いにくいですが、巡業部長としての危機管理能力を問われる問題でもあると思います」

と資質にまで疑問を投げかけた。

   次に、事件が発生(10月26日)から県警への被害届提出(10月29日)までは「3日間ありますけど、結局何らの事情を把握できないまま事態を放置したことになり、このことが本件をここまで長期化、深刻化させた大きな原因の1つとなっている」と断定した上で、

「師匠が弟子に事情を問いただすことができないのは、あり得ないと思います」

と糾弾。

   協会による貴ノ岩の聴取を幾度となく拒否してきたことについても、「親方は弟子である貴ノ岩と自分が一体だと考えていたので、2人で協力すればよかったと考えているが」とした上で、

「親方は事件の直接の関係者ではありません。巡業部長としてどういう対応をしたかったかを聞きたかった。拒否する理由はなく、委員会の聴取に応じないと親方自身が決めたにすぎず、合理的理由はない」

と断じた。

   こうした高野委員長の言葉について、28日放送の「みんなのニュース」(フジテレビ系)では、07年の時津風部屋での力士暴行死事件で再発防止検討委員会の外部理事を務めたやくみつる氏が、

「あくまで内部でのお話であり、外部で敵対するような団体に向かって仰っているわけではないんですよね。身内に投げつける言葉としては最大級の怒気を感じます」

と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中