2018年 11月 18日 (日)

おかもとまり「旦那は軽度の発達障害」 突如の告白に批判も「隠すことでもない」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   「旦那は、昔から軽い発達障害」「こんな間違えをするとは」「悲しいというか、しんどかった」――。

   タレントのおかもとまりさんが2018年1月4日、自身のブログで、夫で音楽プロデューサーのnaoさんについてこう語った。2人は2015年4月に結婚。同年8月に男児が誕生している。

  • おかもとまりさん(左)とnaoさん(写真はおかもとまりさんの公式ブログより)
    おかもとまりさん(左)とnaoさん(写真はおかもとまりさんの公式ブログより)

行くべき店を間違えた

   ブログによると、おかもとさん一家は1月3日から群馬県にある伊香保温泉に旅行中だった。しかしその道中で「事件」は起こった。

   おかもとさんの説明によれば、naoさんは行くべき店を間違えたようだ。

「旦那は言葉だけの情報じゃ伝わらないと承知してるからこそ、わたしがお店調べてスクショを送り、行くのはここだよ? スクショで送ったここだよ? と昨日宿でも確認した」

   しかし、「地図係の旦那が連れてきた店がまさかの違う店」だったという。

   「しかも『足湯近くにカフェがあるけどそこじゃないからね!』と注意していたお店」だったと、立腹しているのだ。

「旅先で大げんか。んーわたしがまたかと頭くる感じ」
「さすがに悲しくなりましたね。笑」
「悲しいというか、しんどかった」

と心境を述べた。さらに「旦那は、昔から軽い発達障害(勉強や記憶力、音楽の才能はピカイチなのに、簡単なことができないの)」と、naoさんの症状について言及した。

   ブログの最後では、「2018年は上手く発達障害と向き合おう」と前向きなコメントで締めくくってはいるが、1月5日、このことを報じたスポーツ報知ウェブ版の記事がYahoo!ニュースに載ると、コメント欄には、

「軽々しい発言は、許せない」
「診断出て言ってるのかな?」
「しんどいのは理解できるが世間に公表するのはまた別」
「もう少しお勉強して欲しい」
「結婚までしたんなら言ってはいけない」

など、批判的な意見が殺到した。

   もちろん、「SNSでの発信はどうかとも思うが、本当にしんどいんでしょう」と、共感する声はあるが、目立つのは、

「自分の個人情報ならともかく、旦那の情報を出すのは違和感がある」
「妻が公表していい事なの?」「ブログで晒すことか?」

など、naoさんのプライバシーを、勝手に公開したのではないか、というおかもとさんへの不信感だ。

   こういった意見を受けてか、おかもとさんは1月5日、ブログを更新。前日に「軽度の発達障害」と書いた経緯を説明した。

「主人に文章見せてからブログ書いています」

   まず、「主人に文章見せてからブログ書いています」と説明。そのうえで、「隠すことでもないし悪いことでもない」「何より行動見ていたら、わかる人にはわかる」と、ブログに書いた理由を述べた。

   「ほんとに、なんでこれできないの?」「え、どうしたの?」と、驚かされることはあるが、お互いが理解することにより生活はしやすくなるそうで、「こういう症状を持ってる人は、すごい才能を持ってる人が多い気がします」という持論も展開。

「旦那は昔から成績は常に一位、3歳からピアノがうまく 5歳からCMの歌を楽譜見ないで真似できるようになり、未だに楽譜は読めないのに立派に作曲家になっています」
「ビルが好きで、ビルみただけで、なんのビルが、何年に建設されたか、全てわかります」

など、naoさんの才能を伝えた。

   最後には、犬っぽく加工したラブラブツーショット写真とともに、「おもしろくてすごく魅力的な人」「だから一緒にいます」と、夫への愛情を表現した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中