横綱の暴行の次は立行司がセクハラ! 止まらぬ角界不祥事に「本当に情けない」

印刷

   日本相撲協会は、2018年1月5日、立行司の第40代式守伊之助(58)が、10代の若手行司に対し、キスや胸部に触れるなどのセクハラ行為を行っていたと発表した。新聞各紙が報じた。

   立行司は、大相撲の番付でいえば横綱に相当する最高位だ。昨年から相次ぐ現場トップの不祥事に、「横綱グダグダ その勝負裁く立行司グダグダ」など、ネットでは冷ややかな声が溢れている。

  • 止まらぬ角界不祥事
    止まらぬ角界不祥事

協会は懲戒処分を検討中

   元横綱・日馬富士の暴行事件に端を発し、貴乃花親方の理事解任など、揺れに揺れる角界に、さらなる「事件」が起こった。

   報道によると、昨年12月16日の冬巡業中、ホテル内で泥酔した伊之助を10代の若手行司が部屋まで送っていったところ、伊之助から唇にキスをされたり胸をさわられたりしたという。

   伊之助は、行為を認め謝罪。被害者の行司も、警察に被害届を出す考えはないという。しかし本件を重く見た相撲協会は、近く臨時理事会を開いて懲戒処分を検討中だ。

   ツイッターやネット上には、

「もう相撲終わったな」
「力士も行司も頂点近くの者がコレじゃあね」
「また酒席...」
「なんかもういろんな意味で大相撲オワタ感半端ない」
「あれだけモメてた最中の冬巡業でのセクハラの不祥事」
「国技なのに本当に情けないニュースばかり」

など、相撲界全体に呆れたという声が殺到した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中