「お母さんがローン組んでくれたお金なんやぞ」 着付業者「逃亡」で新成人悲鳴

印刷

   「ハレの日」のはずが――。成人の日にあたる2018年1月8日朝、振袖のレンタルや着付けを手がける業者「はれのひ(harenohi)」と連絡が取れなくなってしまったという報告がネット上に多数寄せられた。

   一生に一度の大切な日に起きた突然の悲劇に、ネット上でも同情が広がっている。

  • 公式サイトに掲載されていた料金プラン(画像はキャッシュのスクリーンショット)
    公式サイトに掲載されていた料金プラン(画像はキャッシュのスクリーンショット)

7日時点で雲行きが怪しかった

   「はれのひ」をめぐっては1月7日、妹の着付けが式の開始時刻までに間に合わなかったとする怒りのツイートが投稿され、ネット上で注目を集めた。ツイートによると、店側からは「7時半厳守」と言われていたが、着付けが終わったのは式開始時刻を1時間過ぎた12時過ぎ。店側に理由を問いただしても「すみません」の一点張りだったという。

   その後、翌8日に成人式を控えている新成人やその家族からも「草履とバッグが届いてない」「電話がつながらない」といった報告が複数上がっていた。

   そして多くの自治体で成人式が行われた8日の朝、同社と契約していたとみられる新成人たちの悲鳴がツイッター上に噴出した。

「成人式最悪です。お店が逃げました。倒産したらしいです。振袖も着れない、メイクもない、髪型もない、ほんとにショックです。まじ誰か助けてください」
「すでに24万近くのお金を支払いました。ありえません。成人式の日が何もできなくなりました」
「誰か振袖を貸してくださいってバカみたいか。でもほんとに困ってます。なんで成人式の日に。振袖がないです」
「はれのひほんと死ね 逃げやがって金返せよ お母さんがローン組んでくれたお金なんやぞ返せよ」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中