2018年 6月 22日 (金)

声優のマルチな芸能活動続く 「どうしてドラマに出なきゃいけないの?」声優、歌手の竹達彩奈さんに聞く【どうなる2018年<8>】

印刷

   社会現象を引き起こしたテレビアニメ「けいおん!」(2009年)の中野梓でブレイク以降、若手女性声優のトップを走り続ける竹達彩奈さんは、常にファンを驚かせる存在だ。声優として大ヒットアニメの主役に抜擢され続けているだけでなく、歌手としても活動しており、CDや写真集、DVDをリリース。吉野家やおやつカンパニー、ダイドードリンコといった企業のCMやポスターに起用されている。2017年は「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)といったバラエティー番組の出演や、12月28日にはNHK総合の実写ドラマ「ちょい☆ドラ2017~人生でエモいことは10分で起こる~」にヒロインとして登場したのだ。

  • 竹達彩奈さん
    竹達彩奈さん
  • 竹達彩奈さん
    竹達彩奈さん

NHKの面接担当者は私の事をほとんど知らなかった

――アニメでは数々のヒロインを演じてきた竹達さんが、NHKの実写ドラマのヒロインに抜擢されたというニュースはファンの度肝を抜きました。

竹達「それは『演技を見てみたい』という連絡が事務所にありまして、なんだろう?という思いで出かけて行ったんですね。通された部屋に現れた方は「声優をされているとお聞きしております」と私の事をほとんど知らなくて、それがドラマのオーディションというか、面接だったんです。おそらくキャストを決める段階で私の名前が挙がっていて、その確認でよばれたのだと思います。

――声優、歌手、顔出しのCMとマルチな活動をされていますが、ご自身ではどの様にお考えですか?

竹達「以前の私だったら『どうしてドラマに出なきゃいけないの?』と思って、たぶん素直にお受けできなかったと思うんです。私は声優だから、という思いがあって、声優イコール裏方というイメージが強かったんですよね。だから声優なのに何で写真を撮るの?歌を歌うの?そういうふうに私の中では当然の事と思えていなかったんです」

――2017年11月29日に初のベストアルバム「apple feuille」がリリースされました。歌手活動は5年前から始められ、声優の悠木碧さんとの2人組のユニット「petit milady」も人気です。

竹達「CDデビューの時も自信が無かったし、歌を始めるのは自分の人生の中では大きな決断で、勇気が必要でした。子供の頃から堀江由衣さんが大好きだったんですけど、堀江さんが音楽活動をしたり、作品に関わる歌をステージに出て歌ったり、声優にはそういうお仕事もあるということが頭で分かっているというか、見ていたわけですが、それをイコール自分がやる、という考えにはなりませんでした。声優の仕事に価値を感じていたので、『アニメに出たい』、だったり、『作品に関わりたい』という気持ちが強くありました。もちろんアーティスト活動だったり、顔出しのお仕事だったり、他のお仕事も価値のあるものですが、当時の私は声優だから『声優』としてキャラクターに声をあてるという事にこだわっていました。

「や、おっぱいは揺れてないからね(笑)」のこと

――声優以外の仕事も受けようと思った転機のようなものは何ですか。

竹達「音楽活動に関しては、始めることについて母が背中を押してくれたり、待っている方、応援してくれている方も喜んでくれたので、頑張ってみようかな、と始めました。ドラマは、28歳になって8年、9年声優をやらせていただいて、経験してきたものだったり、見方や考え方だったりが、こういう表現のしかたもいいかな?こういうお仕事をしても楽しいかも、と前向きに思えるようになりました」

――音楽活動では声優である自分にしかできない、自分の音楽を届けたいという強いこだわりがあると聞いてます。

竹達「毎回悩みながらやっているんですけど、でも、やっぱりそうですね、表現する楽しさですとか、作品ができる喜びがすごくあります。でも、これは私のエゴなんじゃないのか、ひとりよがりなんじゃないのかと思ってしまうこともあって・・・。こういう表現をしてみたいと思っても、お客さんが求めているものかどうか分からないし、私が作りたいものだけを作れるわけでもないですし、プロデューサーの考えもあるので自分の音楽という正解は分からないなと思っています。みなさんの手元に届き、とてもよかったと言って頂けることで、安心している部分があります」

――ツイッターなどSNSを通じてファンのみなさんと温かい交流を続けていることでも知られています。特に有名なのがツイッターでの「や、おっぱいは揺れてないからね(笑)」

竹達「あれはちっちゃい地震があった時に、『おっぱい揺れてる?』というツイッターのリプライがけっこう来ていたんですね。それで、『いや私のおっぱいは揺れてないよ』という意味の返事をしたんですけど、それが地震の度にリツイートされるようになっていて。あれは本当に大きな地震とか、不謹慎になる場合にはリツイートされないんですよ。だから私はあれがリツイートされるたびに、今日も日本は平和だなぁって、安心をしながら見てます」

「今年は色んなものにちゃんと触れられる機会が多いといいなぁ」

――17年11月にネット上では、早くも竹達さんが18年のアニメの主役を3本ゲットしていると話題になりました。凄い人気だと驚いている人も多いです。

竹達「自分の事を人気だなんて思ったことは、今まで一度もないんですよ。今年放送のアニメはありがたいことに、受けたオーディションの作品の放送時期が、たまたま重なった、ということなんです。声優は毎回オーディションを受けるんですけど、放送の1年前や、半年前等に仕事のスケジュールの合間を縫って受けるんですが、実は、私は落ちてばっかりなんですよね。本当に10回に1回受かればいいかな?もしかしたらもっと少ないかもしれないし、多い時もあるかもしれないんですけど、それは本当に縁のめぐり合わせだったり、タイミングだったり、その作品によって全然違うんですけど、それがたまたま、その時期にキュッと集まったということです。でも、そういうことが続いたら、いいですよね」

――それでは今年はどんな年にしたいですか

竹達「そうですねぇ、お仕事はもちろん大切にしつつ、自分の時間も大切にしつつ、友達と遊んだりとか、色んなものにちゃんと触れられる機会が多いといいなぁ、と思います。昨年はなるべく自分でメイクをしようと頑張ってきたんで、今年もこれを継続して、お気に入りの化粧品も見つけたいです。仕事では、去年は声優という垣根を越えてCM、映画、ドラマと色んなメディアのお仕事をさせていただいたんですけど、今年はもうちょっとアニメやゲーム等、声優としての軸を強く、太く、大きくしていけるようにしたいと思います」

   竹達彩奈

埼玉県出身 1989年6月23日生まれ。リンク・プラン所属

14歳で声優養成所に入所しプロの声優を目指す

2009年から声優活動を本格化し、同年のテレビアニメ「けいおん!」の中野梓役でブレイク。

代表作は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」「アイドルマスター シンデレラガールズ」「だがしかし」「スナックワールド」「新幹線変形ロボ シンカリオン」など多数。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中