2018年 12月 15日 (土)

「ビーチの妖精」浅尾が「激変」 視聴者「めっちゃ顔変わってる」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   2018年1月17日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)に、元ビーチバレー選手でタレントの浅尾美和さん(31)が出演した。

   この日の放送で浅尾さんの姿を久しぶりに見た視聴者もいたようで、インターネット上では「めっちゃ顔変わってる」「別人じゃないの?」などと驚く声が相次ぐ騒ぎになっている。

  • 現役時代の浅尾美和さん(2007年撮影)
    現役時代の浅尾美和さん(2007年撮影)
  • 水曜日のダウンタウンに出演した浅尾さん。視聴者は「こんな感じだったっけ?」(画像は本人のブログより)
    水曜日のダウンタウンに出演した浅尾さん。視聴者は「こんな感じだったっけ?」(画像は本人のブログより)

「こんな感じだったっけ?」

   現役時代にはその美貌から「ビーチの妖精」とも呼ばれた浅尾さんは、12年にビーチバレー選手を引退。以降はスポーツ番組のキャスターやタレントとして活動。私生活では13年に一般男性と結婚し、これまでに2児を出産している。

   そんな浅尾さんがゲスト出演した「水曜日のダウンダウン」を見た視聴者の一部が注目したのは、健康的な小麦色の肌がトレードマークだった現役時代とはまるで印象の違う彼女の容姿だった。

   この放送の浅尾さんは、白い肌にロングヘアー、ナチュラルなメークの落ち着いた雰囲気。少し痩せたようで、以前よりも頬がほっそりとした印象も受けた。こうした浅尾さんの姿に視聴者からは、ツイッターやネット掲示板に、

「え、これ浅尾美和なのか 顔変わったな 全然気づかなかった」
「めっちゃ顔変わってる」
「浅尾美和さんってこんな感じだったっけ?」
「え!?これ浅尾美和? 別人じゃないの?」
「この可愛いの誰やと思ったら浅尾美和か!!」

といった驚きの反応が相次いだ。実際、18日夕時点でツイッターの検索欄に「浅尾美和」と入力すると、関連ワードには「顔」「別人」などが表示される。

   浅尾さんは現在、毎週日曜の早朝に放送される情報番組「サンデーLIVE!!」(テレビ朝日系)や、名古屋テレビのローカル情報番組「ドデスカ!」などにレギュラー出演。プライムタイムの地上波バラエティーに登場するのは今回が久しぶりのことで、そのため容姿の変化に驚く視聴者が続出したようだ。

「本人」かどうか疑うユーザーまで...

   なお、浅尾さんが出演した今回の「水曜日のダウンタウン」では、奇しくも「『あの人は今』で全く別人が出てきても指摘できない説」と題した企画が放送された。

   これは、かつてブレークした有名人の「その後」を追ったバラエティー番組などの企画で、本人とは無関係の「別人」が登場した場合、他の出演者はそれに気付いても指摘できないのではないか――という疑問をドッキリ形式で検証するもの。

   番組の検証VTRでは、1980年代にブレークした元子役の「カケフくん」や、スプーン曲げの超能力でブームを巻き起こしたユリ・ゲラー氏らに成りすました人物が登場したが、ドッキリの対象となったお笑い芸人は誰も別人とは気付かなかった。

   このVTRについてスタジオの浅尾さんは、企画のプレゼンターとして出演していたお笑いコンビ「藤崎マーケット」に向けて、

「私ちょっと、(別人じゃないかと)疑っています。あの、面影はあるんですけど...。本物かなと思って」

とコメント。これには、松本人志さんも「この番組やったらありえるからね」と漏らしていた。

   こうしたスタジオでのやり取りを受けて、浅尾さんの容姿の変化に戸惑っていた視聴者の一部からはツイッターなどに、

「水曜日のダウンタウン、浅尾美和ニセモノに見えるの俺だけ?」
「後に浅尾美和が偽物でしたーってオチか、これ?」

と、浅尾さんが「本人」かどうかを疑うような書き込みまで出ていた。

   しかし、この日の番組に出演していたのは確かに本人だった。実際、番組冒頭のテロップでしっかりと「浅尾美和」と表示されていたほか、浅尾さん自身が17日に更新したブログでも、

「今夜!水曜日のダウンタウンに出演しています 是非、ご覧下さい」

と控え室の前で撮影した自らの写真付きで告知していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中