2020年 12月 6日 (日)

小室「不倫」会見に批判相次ぐ 「介護の大変さ」強調しすぎ、「妻KEIKOさんのプライバシー」話しすぎ

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)が、「週刊文春」に看護師との不倫疑惑を報じられたことを受け、都内で会見を開いた。「男女の関係」は否定したが、誤解を招いたこともあり、「お詫びとけじめ」をつけるためとして、「自主的な音楽活動」からの引退を表明した。

   会見では、妻で、かつて小室ファミリー「globe」のボーカルとして一世を風靡したKEIKOさん(45)が、くも膜下出血の後遺症で「子供のような」コミュニケーションしかできない状態で、発症から6年以上たった今もリハビリ中であることなどが詳細に語られた。介護生活が大変だ、といったニュアンスだった。ワイドショーでは「(KEIKOさんの)プライバシーをここまで披露する必要はあったのか」と反発する意見も出た。

  • 小室哲哉さんが誕生日に公開した妻、KEIKOとのツーショット(写真は小室哲哉さんのインスタグラムより)
    小室哲哉さんが誕生日に公開した妻、KEIKOとのツーショット(写真は小室哲哉さんのインスタグラムより)
  • 小室哲哉さんが誕生日に公開した妻、KEIKOとのツーショット(写真は小室哲哉さんのインスタグラムより)

「自主的な音楽活動は引退します」

   小室さんは2018年1月19日午後、都内で会見を開いた。黒っぽいスーツにネクタイ姿で登場し、取材陣に一礼してから座り、語り始めた。冒頭近くの段階で、KEIKOさんや「お相手」や関係者に対し、「心からお詫びの話をする」として、

「けじめとして引退を決意しました」

と明かした。以降は、KEIKOさんが病後に「女性というより女の子」のような状態になっており、コミュニケーションなどがままならないといった話に移り、次第に自身がC型肝炎になったり、耳鳴りがひどくなったりと体調不良であるとの説明があった。体調不良を受け、今回の「お相手」の看護師を含む医療関係者に往診をしてもらうようになった、とも話した。

   会見開始から15分以上が過ぎたころ、ようやく「お相手」との「核心」の話が始まった。2人で同室などしたのは、「男性が女性を呼び込みたいという欲求とは、かけ離れた」気持ちであり、

「男女の関係は全く考えてないです。ありません」

と否定。一方で、誤解を招く行為だったとして

「不徳の致すところ、という言葉以外、なにもありません」

と反省を示した。以降も、自身の体調不良や、もうすぐ60歳になることで、「定年」や「引退」を以前から意識していたことも明かした。会見後半、「引退」に関して「自主的な音楽活動は引退します」と補足の説明もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中