2019年 12月 7日 (土)

安藤美姫、深海生物に「ブヨブヨ」連呼でうるさすぎ 視聴者から批判殺到

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   バラエティ番組に出演したプロフィギュアスケーター・安藤美姫さん(30)の「テンション」が高すぎるとして、視聴者から「うるさすぎる」との声が殺到した。

   安藤さんは番組の企画で、深海生物の捕獲に挑戦。船上へ次々と引き上げられる未知の生物に興奮を隠せなかったようだが...。

  • 安藤美姫さん(写真は2013年10月撮影)
    安藤美姫さん(写真は2013年10月撮影)

深海生物に大興奮

   安藤さんが出演したのは、バラエティ番組「アイ・アム・冒険少年」(TBS系)の特別番組(2018年1月24日放送)だ。

   安藤さんと「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さん(46)、新種生物の発見経験をもつ水族館「アクアマリンふくしま」(福島県いわき市)の松崎浩二さんが、知床半島(北海道)の東に位置する羅臼の海で新種の生物を探し求めるロケの映像が流れた。

   3人を乗せた船は水深1000メートル級の地点へ。深海探査機でまず、深海の様子を確認した。

   「やだ~、気持ちが悪い。もう大丈夫です」「これ、かわいい~かわいい~」。安藤さんはリアルな深海生物にそんな心の声をもらす。船員が深海から網を引き揚げ始めると、安藤さんは網に引っ掛かっている深海生物を目にするたび、「イカイカイカイカイカ」「タコタコタコタコ」など叫び声を上げるようになった。

   安藤さんの興奮はその後も高まる一方だった。ナマコの仲間「カンテンナマコ」が網に引っかかった際には、

「先生ブヨブヨ」「先生ブヨブヨ」「先生あれ何」「ブヨブヨブヨブヨ」

と大声で松崎さんを呼び出す。松崎さんも初見で「よくわからない。新種の可能性がある」と興奮気味に応じると、安藤さんは

「これ美姫見つけたんだよ。ブヨブヨって言って」

と勝ち誇った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中