2020年 2月 24日 (月)

貴乃花のテレビ出演、相撲協会が「肖像権の侵害」?! 法律の専門家がみると...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   貴乃花親方のインタビューを放送したテレビ朝日の特番について、日本相撲協会はテレ朝に対し「肖像権の侵害」を主張したと一部報道があった。

   一方、特番は報道目的の放送であり、貴乃花親方も自ら進んで出演したとみられる。いったい協会が「肖像権侵害」を主張できる余地はあるのか。

  • 貴乃花親方(貴乃花部屋のウェブサイトから)
    貴乃花親方(貴乃花部屋のウェブサイトから)

「『登録商標』のようなもの」

   2018年2月9日付の日刊スポーツによると、テレビ朝日系列で7日に放送された貴乃花親方のインタビュー特番に対し、協会広報は8日「同番組の放送に際して必要な申請書類が提出されず、無許可のまま放送された」ことから、「肖像権を侵害された」として対応を協議すると明かしたという。

   J-CASTニュースが9日、改めて日本相撲協会広報部に対し、テレ朝の特番が「肖像権の侵害」と考えているか聞いたところ、「昨日の広報担当が相撲記者クラブ加盟記者にそう話したのは事実です」としながら、「その件に関しては特にコメントはありません」とのことだった。なお、一般的に協会員を出演させる際にメディアは協会に申請する必要があるかについては「そうですね」と話した。

   元幕内力士で歌手の大至氏(49)はJ-CASTニュースの取材に、「入門時、協会在籍中の管理は相撲協会がすべて行うことは言われます。映像を流す際の肖像権もすべて協会が管理しており、広報部を通して許可が必要です」と自身の経験から明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中