2018年 8月 16日 (木)

安藤美姫「解説の仕事が来ない。上手じゃないから」 ネット「別の理由があるのでは?」

印刷

   冬季オリンピック平昌(ピョンチャン)大会が2018年2月9日から開催され、日本選手団では男女ともにフィギュアスケートでのメダルが期待されるなか、元女王でプロフィギュアスケーターの安藤美姫さん(30)がテレビ番組で「解説の仕事が来ない」と嘆いた。

   解説が上手くないからだろうと安藤さんは自身を分析をしたのだが、ネット上では「解説力と関係ないのでは?」といった意見が多く出た。

  • 安藤美姫さん(写真は2017年9月撮影)
    安藤美姫さん(写真は2017年9月撮影)

「ココッ、コレ!、コレーッ!、あぁもう」

   安藤さんが出演したのは2月9日放送のトークバラエティ「モノシリーのとっておき~すんごい人がやってくる!~」(フジテレビ系)。司会の古舘伊知郎さんが安藤さんについて、私たちがフィギュアスケートについて分からないことをしっかりと教えてくれる人だから、解説を聞けば楽しみ方が変わる、と語り持ち上げた。安藤さんはそれに対し、試合で大技を出した選手の点数がなぜか低い場合がある、とし、

「そういう疑問を持つ人には(自分の解説は)分かりやすいかもしれません」

とまんざらでもない様子だったのだが、好きな選手だというソチ五輪の銀メダリスト、パトリック・チャン選手の演技の解説を番組内でしたところ、

「ココッ、ココッ、コレ!、コレーッ!、コレーッ!、あぁもう」
「ここからのコレ、ですね。からのココ」

と叫ぶだけで、古舘さんから「つまり?」と再解説を求められた。古舘さんは、

「安藤美姫さんの解説は噛みしめて、噛みしめなきゃダメですね」

とフォローしたのだが、安藤さんは、

「まぁ変ですね。たぶん。解説が上手じゃないから、お仕事が来ない」

と嘆いた。

「ココッ!」と叫ぶだけなら...

   ネット上ではこの「解説の仕事が来ない」という部分が話題になった。「ココッ!」と叫ぶだけなら自分もできるけれども、面白いし、解説者としてもっと登場してもいいのではないか、という意見もあるのだが、下手だから解説の仕事が来ないのではなく、別に理由があるのだろう、と思っている人が結構多い。掲示板には、

「テレビに出ると、黒歴史刻むだけな気がする」
「やべー女のイメージしかないもん」
「安藤美姫は勘違いされやすいから残念」

などといったことが書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中