AKB田野優花が「意味深」メッセージ 「ここ最近で一番たのしかった」「なんででしょう」

印刷

   AKB48の田野優花さん(20)が2018年2月19日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた劇場公演後に出したメッセージが意味深だとファンの間で波紋を広げている。公演の出演が「ここ最近で一番たのしかった」そうで、「なんででしょう」とも。

   田野さんの「最近」と言えば、韓国をめぐる発言で謝罪したり、週刊文春の動画番組で男性とのデートを指摘されたりと、田野さんにとっては嬉しくないニュースが相次ぐ。この日の演目は、激しいダンス曲が続く「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演。ダンスが得意な田野さんとしては、こういった背景も劇場公演が「一番楽しい」理由になっている可能性もありそうだ。

  • AKB48の田野優花さん。激しいダンス曲が続く「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演に10日ぶりに出演した(写真は7月20日の初日公演リハーサル(ゲネプロ)の様子)
    AKB48の田野優花さん。激しいダンス曲が続く「井上ヨシマサ『神曲縛り』」公演に10日ぶりに出演した(写真は7月20日の初日公演リハーサル(ゲネプロ)の様子)

劇場公演では涙を流す一幕も

   田野さんが劇場公演に出演するのは2月9日以来10日ぶり。公演後に動画配信サイトに掲載されるメッセージカードに、

「今日ここ最近で一番たのしかったです。なんででしょう。。ありがとー!!」

と綴った。「なんででしょう」の真意は必ずしも明らかではないが、その直前にある「ここ最近」という言葉に、そのヒントがあるとの見方も出ている。

   田野さんはインスタグラムの動画配信で

「韓国人は可愛いと思うけど、韓国好きな日本人は好きじゃない」

などと発言されたことが批判され、2月5日にツイッターで謝罪したばかり。

   2月17日夜には、週刊文春デジタルが配信した動画番組「文春砲Live」が、田野さんがカラオケバー店員でモデルの男性と中華料理店で食事をしたのに続いて、バンドマンの男性と「カラオケデート」していたことを写真付きで指摘。「深夜イケメンダブルヘッダー」と表現していた。

   2月19日の劇場公演では、田野さんから特段、韓国や文春報道に関する発言はなかったが、涙を流す一幕もあった。ファンの間では、「最近」の出来事と関係があるとの見方を披露する人も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中