2018年 11月 18日 (日)

宮川大輔、メルボルンで牡蠣を堪能報告 ファンあきれ「またキラキラ?」

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   お笑い芸人の宮川大輔さん(45)が2018年2月25日インスタグラムを更新し、オーストラリア・メルボルンで牡蠣を食べたことを報告した。

   宮川さんといえば、1月28日放送のバラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の人気コーナー「世界で1番盛り上がるのは何祭り?」で、「牡蠣祭り」に参戦したばかりだが――。

  • 宮川大輔さん(2016年11月撮影)
    宮川大輔さん(2016年11月撮影)
  • 牡蠣を「#食べたわな #最高やなぁー」(画像は宮川さんインスタグラムより)
    牡蠣を「#食べたわな #最高やなぁー」(画像は宮川さんインスタグラムより)

「加熱用」のイメージが拭えず...

   牡蠣が名産の米フロリダ州・アパラチコーラで開催された「牡蠣祭り」は、制限時間15分以内に最も多くの生牡蠣を食べられた人が勝利する大食い大会。54年の歴史があるという。

   大会関係者によると使用される牡蠣は「新鮮だから大丈夫」だというが、過去に病院送りになった人も「星の数ほどいる」と明かしていた。スタジオ出演者からも食あたりを心配する声があがった。

   一方の宮川さんは牡蠣が大好物ということで優勝に自信を見せる。ところが大会で使用される牡蠣は、プラスチック容器に入った「剥き身」の状態。当日朝に殻から外した新鮮なものではあるが、宮川さんは「加熱用」の印象が強いようで、事前練習の段階から

「鍋用のやつを食べてるイメージがあって...非常に頭がストップしようとしてしまう。絶対これは火にかけなあかん牡蠣って思ってまう」

と抵抗感を示していた。

   大会当日、宮川さんは好ペースで牡蠣を食べ進め、前年度の優勝者を押さえてトップを快走。しかし100個を目前に異変が現れ始め、フォークをすすめる手が止まったり、えずきそうになったり...。健闘を見せたが、12分経過129個食べたところで嘔吐し、無念の失格となってしまった。吐しゃ物には「キラキラ」の加工がかけられてオンエアされた。

「この間あんなに食べてたのに...」

   それから約1か月。メルボルンを訪れた宮川さんは、インスタグラムに牡蠣の写真を投稿した。剥き身ではなく、殻つきの牡蠣だ。宮川さんは

「#食べたわな #最高やなぁー」

とコメントを添えている。どうやらトラウマにはなっていないようだ。

   コメント欄には番組の視聴者から、

「牡蠣もう解禁ですか?笑笑」
「あんだけ食べて嫌いにならないのがすごい笑」
「またキラキラ?(爆)」
「この間あんなに食べてたのに(全部出ちゃいましたけど...w)まだ食べるんですね!」
「ほんまに牡蠣好きなんやねぇ」

など、心配する声やあきれる声など多くの反響が寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中