2018年 10月 18日 (木)

羽生結弦、「美女と変顔」が変 「変じゃなさすぎ」「魅力的」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   平昌五輪で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)の「変顔」が、世界中から反響を呼んでいる。

   しかし、その「出来栄え点(GOE)」は――?

  • 羽生結弦選手(2014年4月撮影)
    羽生結弦選手(2014年4月撮影)
  • マディソン選手と羽生選手の変顔(画像はマディソン選手インスタグラムより)
    マディソン選手と羽生選手の変顔(画像はマディソン選手インスタグラムより)

GOEは低め?

   羽生選手は2018年2月26日、アメリカのアイスダンスのマディソン・チョック選手(25)がインスタグラムとツイッター上で公開した写真で変顔を披露した。マディソン選手は

「When the Olympics are over and you have to go home」

とコメントを添えている。

   美女アスリートとして知られるマディソン選手は、眉を吊り上げて鼻にしわを寄せ、舌を出した本気の変顔。一方の羽生選手は、目線を上に逸らした中途半端な白目だ。

   美男美女の変顔に対し、世界中から

「lol」
「かわいい~」
「LOVE THIS」
「せっかくの綺麗な顔がーー!」
「Yuzuru So nice!!」

など多くの反響がコメント欄やリプライ(返信)欄に寄せられた。

   しかし、羽生選手の変顔に対しては

「羽生結弦の変顔が変じゃなさすぎるだろ」
「全くもって変顔じゃない」
「チョックさんとのあれは変じゃなくないかw」
「後からチョックさんにゆづ、変顔じゃないじゃない!って言われるやつ~」

と、出来栄え点(GOE)には厳しい評価も散見される。むしろ、

「変顔すら魅力的に見える」
「羽生選手だと中途半端な変顔でも『かわいい(はーと)』とか言われるのか」

など感心するコメントすらみられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...