2019年 12月 16日 (月)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち 大統領支持を公言できない市民の本音

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   前回の記事「銃規制支持は『社会主義者』という感覚」で、銃規制について話してくれたフロリダ州ダニーデン在住のクリス(70代)は、友人夫婦の知り合いだった。

   友人宅に初めて顔を見せにやってきた彼と、4人でしばらくたわいもない話をしたあとで、「聞きたいことがあるのですが」と私が言うと、私の耳元に口を近づけて、友人夫婦には聞こえないように、「I love Trump.(私はトランプが大好きなんだよ)」と唐突にささやいた。

  • クリスから手渡された封筒に入っていたトランプ支持の資料
    クリスから手渡された封筒に入っていたトランプ支持の資料

「ここでは話したくないんですね?」

   「トランプ」と私はひと言も言わなかったのに、彼がそう答えたのは、この「岡田光世 『トランプのアメリカ』で暮らす人たち」という連載記事を私が書いていることを、友人が前もってクリスに伝えてあったからだろう。

   友人はトランプ大統領に対して強い反感を抱いている。

「いつでもうちに来てくれ。そうしたら何でも話そう」

「ここでは話したくないんですね?」と小声で尋ねると、黙って深くうなずいた。

   友人夫婦とクリスが住むコミュニティには、スノーバード(snowbird)と呼ばれる避寒者が多い。米北部やカナダなどの厳しい寒さを避けて、冬の4、 5か月間を温暖なフロリダで暮らす。彼らの多くはトランプ氏に批判的なため、クリスは堂々と応援できる雰囲気ではなく、「人間関係がぎこちなくなった」とのちに自分から話してくれた。

   数日後、私がクリスの家を訪ねると、リビングルームのソファで寝たふりをして私を笑わせた。彼は体の痛みをこらえながら立ち上がると、大きなグラスにチェリー味のペプシと氷を入れてくれた。そしてダイニングテーブルにすわるやいなや、それまで溜めていたものを吐き出すように、一気に話し始めた。

「オバマが軍事費を大幅に削減したから、この国の軍備はお粗末なものになってしまった。圧倒的な強さがあれば、中国や北朝鮮に脅かされることはない。気の毒に日本は北朝鮮の脅威に怯えているだろう。北朝鮮とうまく折り合いがつかなければ、軍事行動しかない。そうなれば、トランプは世界中から批判されるはずだ。でも、ほかに何の選択肢があるというんだ? 北朝鮮を攻撃できる国は、アメリカしかない。
世界には、人権や言論の自由を尊重する強い国が必要だ。アメリカは「与える」国だ(America is a giving country.)。地震などの災害があれば、いち早く駆けつける。銃乱射など、ひどい面もある。それはひとまず、忘れてほしいんだが、素晴らしい面がたくさんある。個人的に寄付などの援助をしている人も多い。我々は強い国でなければならない。そうすれば、ほかの国々もよくなるんだ」

   そう言って、クリスは大きく深呼吸した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中