2018年 8月 21日 (火)

「和牛」水田の飲食店クレームは正論か 料理の提供タイミング「ズレ過ぎ」で激怒

印刷

   お笑いコンビ「和牛」の水田信二さん(37)が、飲食店で頼んだ料理が出て来るのが遅かったことに激怒し、食事をせずに料金だけ支払って店を出た、とのエピソードをテレビ番組で披露した。

   水田さんが怒った理由は、一緒に店を訪れた後輩芸人が頼んだ料理が出るタイミングと、自分の料理が提供される時間が大きくズレたため。このエピソードにスタジオからは悲鳴が上がったが、ネット上では「めっちゃ正論」と理解を示す意見も目立っている。

  • 「和牛」の水田信二さん(2018年3月13日撮影)
    「和牛」の水田信二さん(2018年3月13日撮影)

「食べないですけど、お金は払います」

   「和牛」の2人は、2018年3月13日放送のバラエティー番組「踊る!さんま御殿!!」に出演。水田さんが飲食店でのトラブルについて語ったのは、「最近ムカついた出来事」というコーナーでのことだ。

   大阪の和食店などでの修行経験もある水田さんは、「元料理人ということも手伝って、飲食店に行くと色々と(粗が)見えちゃうんですね」と前置きして、次のようなエピソードを披露した。

   お笑いライブの公演の合間に、後輩芸人と2人でランチに出かけたという水田さん。後輩が注文したパスタはすぐに出てきたが、水田さんが頼んだ鳥肉の焼き料理はなかなか提供されなかった。

   このままでは、先に料理を食べ終えた後輩を待たせてしまうと考えた水田さん。パスタが提供されてから約5分後に、自分の料理はまだかと店員に尋ねた。この質問に「あと7分くらい」と返されたため、ストップウォッチで時間を計りはじめたという。

   しかし、それから12分が経過しても提供されず。結果として、後輩のパスタが出てきてから17分以上も提供のタイミングがズレたことになる。これに我慢ならなかったという水田さんは、

「もう帰ります。さすがに鳥を焼き始めているでしょうけど、僕はもう帰ります。食べないですけど、お金は払います」

と店員に宣言。店長からは「お代は結構です」と伝えられたというが、

「僕がタダで帰ったら、(店側は)『良かった良かった』で終わるでしょ。でもちゃんと支払うことによって、店は反省するから。僕みたいな被害者が生まれなくて済むじゃないですか」

との思いから、料金だけを支払って店を出たという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中