オウム井上死刑囚が再審請求 確定判決は事実と異なると主張

印刷

   オウム真理教元幹部の井上嘉浩死刑囚が、東京高等裁判所に再審請求したと2018年3月14日、毎日新聞(ウェブ版)などが報じた。井上は95年の逮捕監禁致死事件における仮谷清志さんが死亡した経緯が事実と異なると主張しているという。

   井上死刑囚は地下鉄サリン事件を始めとする10事件に関与し、一審で無期懲役、二審で死刑判決を受けており、14日には東京拘置所から大阪拘置所へ移送された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中